はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術

起業したら3つの人格が必要

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・「事業の中心となる専門的な能力があれば、事業を経営する能力は十分に備わっている」← 致命的な仮定!

専門的な仕事をこなすことと、その能力を活かして事業を経営することは全く別の問題である。

・起業したら3つの人格が必要
① 起業家(変化を好む理想主義者)長期的視野
② マネージャー(管理が得意な現実主義者)
③ 職人(現場で手に職を持った個人主義者)短期的視野(まさに今だけ)

・自分が居なくても上手くいく仕組・・・「事業のパッケージ化」の考え方を持つ
① ハードシステム
② ソフトシステム
③ 情報システム
→システムがクライアントを満足させる・イノベーション→数値化→マニュアル化 が事業を発展させるコツ・初めから一流企業のように経営する・例え、一人でも組織図を作る。(ex.営業部、総務部、経理部、購買部等々)・あなたの事業はあなたの人生では無い。事業と人生は全く別物。人生の目的は事業に奉仕することでは無い。反対に、事業は人生に奉仕することである。

■ 私見
スタートアップ時には特に、経営者は3つの顔を持たねばならない。「起業家」と「管理者」と「職人」である。専門家しかり飲食店しかり、、、どのような業種業態に関わらず経営者はあらかた職人だらけ。起業家と管理者の顔を持つ時間と能力に欠けている。製品・商品・サービスが良かろうが並だろうが、起業家と管理者が居ないビークル(組織体)は成長しない。個人事業主や小企業としてそれなりの規模を安定的に、かつ拡大路線を考慮しないスタイルやポリシーを貫くモデルなのであれば、それでも全く構わない。しかし、少なくとも職人という専門家(専門バカ)の視点だけではなく、大局的・俯瞰的な視野を持ったうえでビジネスを軌道に乗せてもらいたい。でなければ、数年で廃業の憂き目を見る確率は高まるだろう。

人生を変える80対20の法則

努力と報酬は釣り合わないことを知ろう

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・時間が足りないとよく言われるが実際はその反対である。我々には時間がたっぷりある。
ただそれを無駄使いしているだけなのだ。
時間の不足を嘆くのではなく、時間の無駄使いを嘆くべき。

・投入と産出、原因と結果、努力と報酬、の間にはどうにもできない不均衡がありその割合は凡そ80対20。

・投入と産出は釣り合う×
原因と結果は釣り合う×
10日働けば1日の10倍稼げる×
友達は等しく大切× → 誰からかかってきても同じように応対する

本当に高い生産性を上げているのはごく一部の資源。大半の資源は浪費されている。

・「決定的に重要な少数」と「取るに足りない多数」の差に気づき何らかの手を打てば生活は豊かになる。

・目標達成にあまり貢献していない資源は投入しないor控える
 目標達成に大きく貢献する資源は出来る限り沢山投入する

・結果の80%は原因の20%から起こる。原因のほんの一部が結果の大部分を決定する。

・「初期値に対する鋭敏な依存性」・・・入力にほんのわずかな違いがあっても、出力の際に膨大な違いが生じる現象。

・常に生産性が高いもの・・・数が少ない
 常に生産性が低いもの・・・数が多い

・最小限の努力で最大限の利益を上げる。

・努力の平均水準を上げるのではなく、努力を一点に集中する。

・網を広げるのではなく、網を狭める。

・多くの分野で平均点をとるのではなく、一つの分野で突出した成績を上げる。

・決められたコースで走るのではなく、近道を探す。

・日常生活で出来る限りアウトソースを進める。

・手当たり次第にチャンスに飛びつくのではなく、気を静め仕事量を減らし、ゴールへの最短距離に照準をあてる。

・最も単純な20%が何かを常に考えさらに磨きをかけこれ以上は単純化できないというところまで単純化標準化する。

・無駄な飾りや過剰なものはどんどん捨てる。

・単純化できないものは捨てる。

・重要なのは一部の顧客であり、大半の顧客では無い。

・ビジネスのあらゆるレベル(市場分野、製品、顧客、部門、従業員等)で努力と報酬は釣り合わない。

大きな黒字を生み出す数少ない分野を見つけだし黒字を最大化すること。

会計は凹凸をならしてしまうため見えなくなっている。プラスとマイナスを相殺したものを見ていて、それは決して全体像ではない。見えないところでプラス要因とマイナス要因が激しくせめぎあっている。陰に隠れたものを白日の下にさらしマイナス要因を抑えプラス要因に最大のパワーを与えるようにする。

・全てを犠牲にしてあくせく働かないと何事も達成できないと思い込んでいるだけ。大事なのは選択とひらめき。ひらめきという幸運はゆったりとした気分でいるときに訪れる。ひらめくまでは時間がかかるが悠然と構える。(ex. ゆったりと風呂に浸かっていたアルキメデス。リンゴの木の下にぼんやり座っていたニュートン)

■ 私見
人生もビジネスも重要なことはほんの僅かなことに支配されている、とする。その重要なこと(80%)はささいなこと(20%)が原因だという。著者の言う、80対20という割合は、読者に分かり易いような割合にしているのであって、実は、5対95や10対90だったりすることもある。不均衡レベルは考える以上に大きいということだ。結果を出せるもののみにフォーカスせよ、それによれば時間は有り余るほどある、という視点は大いに実践すべきことと考えている。

下流社会マーケティング

デザインこそが付加価値

著者 : 三浦展
日本実業出版社
発売日 : 2006-09-05

■ 読書備忘録(企業経営、ビジネススキル、デザイン等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・「ファミリー消費」→「総シングル消費」へ変質する。
標準世帯が減り、そのうえファミリー単位でモノを買うのではなく家族一人一人がシングルとしてモノを買う。

・「中」を狙って「上」「下」も取り込む時代は終わり、「上」「下」を狙って「中」も取る時代へ。
「中」が減り、「上」「下」の二極分化が進む。

・デザイン
① デザインの力で単価アップ
② デザインが良ければ高くても買う
③ デザインが良くても実需がなければ売れない
④ デザインと性能の両立が今後の課題→両者を高いレベルで実現させる
⑤ デザインの世界観をしっかり共有せよ

■ 私見
寿司屋で松竹梅というランク付けしたメニューの場合、一般的にあらかた真ん中のランクの竹を売りたい商品としているので、値付けも経営者がありたい価格に設定(客からしたら少々高く)しても可能。「中」を売りたいケースがこれ。著者は格差社会が将来日本でも広がっていくと考えており、単純にいえば「松」「梅」が売れるようになるだろうという暗示。デザインについては、その製品、商品、サービスのブランドの世界観を忠実に消費者に伝え、共感を得られるものとしてデザインされなければならないとする。デザインこそが付加価値。付加価値だから売れるし高単価設定でも構わない。

イノベーションのDNA 破壊的イノベータの5つのスキル

イノベーションに向かう勇気

■ 読書備忘録(企業経営、ビジネススキル、デザイン等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・「創造とは結びつけることだ。」(スティーブ・ジョブズ)

・創造的思考を「組み合わせ遊び」とし、生産的思考の本質的特徴とする。(アインシュタイン)
→ 繋がっていないものを繋げることによって違う考え方をしているに過ぎない。

・イノベータDNAモデルとは、
① 現状を変えたいという意志に燃えている。
② 変化を起こすために、リスクを果敢に取っている。
という考え方から始まる。これがイノベーションに向かう勇気。

そして、下記の4つの行動的スキルが発揮される。
① 質問力・・・質問の達人で物事の探求に情熱を燃やす。現状に異議を唱えるような質問をよくする。質問に優れた答えと同等以上の価値を認める。
② 観察力・・・飽くことを知らない観察者。周りの世界(顧客、製品、サービス、技術)に注意深く目を光らせ観察を通して新しいやり方の基となる洞察やアイデアを得ている。
③ ネットワーク力・・・多様な背景や考えたかを持つ人たちとの幅広いネットワークを通じてアイデアを見つけたり試したりすることにかなりの時間と労力を費やす。
④ 実験力・・・常に新しい経験に挑みアイデアを試している。

最後に、認知的スキル「関連づける力」によって斬新なインプットを組み合わせるスキルが発揮されることによって、、

革新的なビジネスアイデアが生まれる、と説く。

■ イノベータDNAモデル
bc2a54fccecf52e7058828cdc3be5e56

■ 私見
リーダーシップ論。世界的なベンチャー企業の経営者群のインタビューを材料にして、企業(経営者)が革新的・破壊的なまでのイノベーションを生み出すにはどうすればいいのか?そして、その経営者はどのような人格が共通点にあるのか?を説いた著書。有る考えと有る考え、モノとモノを合体したり組み合わせることで偉大な発見やアイデアが生まれる、とする。フツーのただ流されるまま、今あるモノ・こと・常識を受け入れる寛容さや素直さは不要というわけだ。

 

 

社員をサーフィンに行かせよう―パタゴニア創業者の経営論

アイデアをみんながいいと褒めたら、そのアイデアは時代遅れ

■ 読書備忘録(企業経営、ビジネススキル、デザイン等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・自分のアイデアをみんながいいと褒めたら、そのアイデアは時代遅れだ。

・人生の達人は、
仕事と遊びの区別も、
労働と余暇の区別も、
心と体の区別も、
教育と娯楽の区別も、
つけない。両者の違いが分からないのだ。
何をするであろうとひたすら至高の状態を求め、仕事か遊びかの判断は相手に委ねている。本人にしてみれば常に両方を行っているようなものだ。

■ 私見
パタゴニアという企業の、日本に対する消極的な姿勢(URLが海外と異なり日本独自のサイトになっている)やグリーンピース擁護の件はさておき、経営の手法は一風変わっていて参考になる点が一部あるように思われる。「ワークライフバランス」という言葉がブームになって久しいが、著者はそのワークライフバランスの枠組みを一歩超えている。すなわち、仕事と家庭・プライベートとを分ける認識なのでは無く、それら一切合財全部を「ブレンド」(混ぜている)しているのである。2者択一だと対立が生じる。これを意識的では無く渾然一体として人生を楽しんでいるかのよう。その生き方が認知されていくかどうか?果たして浸透していくかどうか?ブレンドした人生にTRYしてみてはどうだろう。