起業家はどこで選択を誤るのか-スタートアップが必ず陥る9つのジレンマ

TDA株式会社は起業を安易におススメしない

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・富とコントロールのトレードオフ
富・・・経済的価値を増大させるのか?
コントロール・・・経営権を持ち続けるのか?

・スタートアップの見直しに対する「過剰な自信」と「楽観主義」
家族や友人を従業員や投資家として事業に参加させることに繋がり、人間関係やスタートアップを危険にさらすことが多い。
自分が成功する見込みを競争相手よりもずっと楽観的に予測している。
自分の能力や知識を過大評価したり、
初期に必要なリソースを少なく見積もり過ぎていたり、
予測出来る範囲の問題を検討しない。
直感や希望的観測に陥る。
ネガティブな情報を軽視している。

幅広い選択肢、影響を把握すること。
最善の結果を期待しながら最悪の事態に備える。
受け身にならずに戦略的に決断を下す必要がある。

・自分にとって最大の動機が富なのかコントロールなのかを理解している起業家は決断を下す際に比較的迷いが少なく一貫性のある決断を下すことが出来る。
→目指す結果が「リッチ」or「キング」(「富」なのかそれとも「コントロール」なのか)かにたどり着く可能性は高まる。

・起業家にしっかりとしたマネジメントやビジネスの経験が欠けている会社は多い。

・「リッチ」or「キング」では無いハイブリッド戦略・分散戦略・・・危険を分散させようとすると大きなリスクが伴う。モデル分析によれば、失敗する可能性は大幅に高まる。

 

■ 私見
TDA株式会社は起業を安易におススメしない。著者はその理由を端的に説いている。楽観、ポジティブ、といった起業家の思考は大切ではある。しかし、俯瞰的に物事を見ることに長けている人物や、どういうゴールを目指しているかを熟考した人物は少ない。事業計画を立てる云々のレベルでは無い。起業してそのあかつきには、自分はどうしたいか?自分はどうありたいか?自分はどこへ向かっていきたいのか?を考えるべきである。手に職があるから、技術に優れているから、人脈があるから、という理由だけでは起業しては決していけない。

 

■ 富かコントロールか(「リッチ」か「キング」か)のジレンマの表
新しいビットマップ イメージ

1 返信
  1. あけぼの小西 says:

    ・スタートアップの見直しに対する「過剰な自信」と「楽観主義」

    自分が成功する見込みを競争相手よりもずっと楽観的に予測
    自分の能力や知識を過大評価したり
    初期に必要なリソースを少なく見積もり過ぎていたり
    予測出来る範囲の問題を検討しない
    直感や希望的観測に陥る
    ネガティブな情報を軽視

    いたたたた・・・
    個人的に思い返せば成功した事例が「ない」と感じました。

    返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>