ダウンロード

プロフェッショナルの行動規範は、無私・腕・信用・規律

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務、心理学等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・チェックリストはマニュアルではない。
熟練者を助けるためのシンプルで使いやすい道具のこと。

・複雑な仕事は、
① 人間の記憶力と注意力の危うさ・・・我々は切羽詰った状況では当たり前のことも忘れがち
② 手順を省く誘惑がある。

・良いチェックリストの条件
① 明確、シンプルな文章。1ページ以内
② 効率的(素早く使える)
③ 的確
④ どんな厳しい状況でも簡単に使える。
全てを説明しようとはせず重要な手順だけをわすれさせないようにさせる。
用途を絞っていて実用的。
⑤ 項目は5~9個

・プロフェッショナルの行動規範
① 無私であること。
他人から責任を預かる者は自分の利益よりも頼ってくる者の問題や心情を考えるべき。
② 腕があること。
技術や知識を日々研鑽することが求められる。
③ 信用に足ること。
自分の職務に誠実な態度で臨む必要がある。
④ 規律。
よくできた手順には絶対に従うこと。必ず他者と協力しあうこと。

■ 私見
プロフェッショナルの行動規範として、「無私」について日々考えさせられている。
「自分の利益よりも頼ってくる者の問題や心情を考えるべき」とは、自分の目線では無くて、相手の目線に立つことだと捉えている。
プロフェッショナルとして、アドバイス、指導、提案をさせていただく以上、どうしてもクライアントと立ち位置が全く同じとはいいにくい。
そうはいっても、法を盾に権威主義をかざしたり、先生稼業として上から目線をすると、クライアントは気分を害することもあることだろう。
クライアントの気持ちや悩みを「共感」し、伴に帆走することに主眼を置いて行動しなければならないと考えている。

51N7RJPR77L._SX349_BO1,204,203,200_

経営者は、計画を持続実行する精神力と管理能力にまだまだ欠けている

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務、心理学等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・仕事の予定時間は、その概算の1.5倍をスケジュールに組み込む

・先行逃げ切り・・・スタートダッシュが決め手

・今できることは今やる

■ 私見
上記の教訓は痛いほど身に沁みている。
仕事を終わらせる時間を甘めに見積もってしまい(良くない楽観主義)、
その結果、結局、、、、、、〆切に追われる。
仕事に追われているのではない、時間に追われているのだ。
〆切まで日数があるときはまだまだ時間に余裕があると感じてしまう。
〆切まで日数が少なくなってきた段階で焦り出す。
〆切に間に合わないか中途半端な仕事しか出来ず、取引先にも顧客にも迷惑をかけてしまう。

だからゆえ、早め早めに余裕をもってやれることを先に先に実行する。
爆発的なスタートダッシュで先行逃げ切りは有効である。
もちろんコツコツと〆切に向けて余裕を持った計画を持続実行する精神力と管理能力も求められる。
これは簡単そうで簡単では無い。
これを継続して実行しなければならない。

一般的に多いのが、経営者が、計画を持続実行する精神力と管理能力にまだまだ欠けているところである。
これは、秘書や上役の管理者が居ないことも理由にあるだろう。
ケツを叩いてくれる時間管理をしてくれる人が不在なのだ。

TDA株式会社はスピードが一番の優先事項であり、一番のウリである。
何か月も先の業務まで進めている。
我々は、「経営者のケツを叩いてくれる時間管理をしてくれる人の役割」をも受けている。
経営者の仕事の進捗管理、〆切までの日数工程をノーティスすることを請け負っている。

「明日やろうは、ばか野郎」
なんていう冗談みたいな言葉だが、前の職場では流行りのフレーズだった。

「今できることは今やる」
重々自覚しておかなければならないと考える。

41x-VCJpG-L._SX339_BO1,204,203,200_

やらないことのリストを作り ムダやさほど必要のないことをやらない

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務、心理学等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・何をしないかを明らかにする。人の一生は「全て」をやれるほど長くはない。

・好きな仕事を増やすために、好きではない仕事を毎年20%ずつ削減する。

■ 私見
やること
やれること
やらねばならぬこと
TO DO LIST
を数えるのではなくて、、、、

やらないこと
してはいけないこと
削減すること
を見つけてそれを減らすこと。

やることを見つけることはたやすく、無尽蔵に湧いてくる。
やることだらけで、
やり終えてもやり終えても次から次からやることが湧いてくる。
きりがない。

無限の時間があれば
永遠であれば
それで良いだろう。
時間には限りがあることを念頭に置かなくてはならないと考える。
これは人生のことだけではなくて、
ビジネスにも当然に当てはまる。
例えば、特定の事業のフォーカスすること、特定のターゲット層に絞り込むこととは、
やらないことを決めることと言っている内容は同じ。
その他の事業をやらない、他の層は切ると言っているのだ。

やらないことのリストを作り
ムダやさほど必要のないことをやらない。
バッサリ切る。
これをすると最優先事項や大切なモノがあぶり出されて見えてくるだろう。

「時間が無くて忙しい」
のではない。

「やらなくていいことをやってるから、時間が無いように感じている」
「時間が有限であることを知らないふりをしている」に過ぎない。