プロ脳のつくり方

数字を駆使して、迷わない経営を提供致します

著者 : 塩野誠
ダイヤモンド社
発売日 : 2007-04-20

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務、心理学等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・データ分析方法
① ラべリング・・・・順序づけする
② グルーピング・・・集合をつくる
③ ナンバリング・・・集合に名称をつくる

・数値を100分率する

・会計はa/c(勘定科目)によりラべリングされており、フレームワークがある。

・変数を減らす、・・・何をコントロールできるか?」を探す行為
(ex.売上が固定ならば、費用を減らす。)

・時間軸をもつ。
(ex.顧客・競合・自社(Customer・Competitor・Company)の3Cに過去・現在・未来軸を追加する。)

・「問題がある」状態 → 「原因」があって「害」がでている状態

・アクションプラン・・・「インパクト(効果)」×「実現可能性」の2つの軸で検討する。

■ 私見
データ分析や経営・会計コンサルティングの基本的な手法の紹介書。会計の世界では数値が全てであり、数値で企業の事象を捉えることが必須である。売上や経費や財産について数値で示し、それを100分率で比較したり、変数を減らしたり(経費のなかの変動費を減らす)することで会計上の分析を行う。そこで分かった結果を基礎にしてアドバイスを行うことが常である。その分析はあくまでも現在の事象だったり1年間の事象だったりするので、これに数年間に渡る会計数値を足す(時間軸を加える)。そうすると2次元の分析から3次元の分析になり、重層的な会計コンサルティングが可能となる。

TDA株式会社でもこのような手法を用いてクライアントに有用な経営・会計コンサルティングサービスを提供しております。数字は客観的です(データに恣意性やうそ偽り・間違い・ミスが無い限りにおいて)。数字を用いて経営判断をしなければコンパスの無い太平洋上の船と同じ。間違いなく迷います。数字を駆使して、迷わない経営を提供致します。

デッドライン仕事術

クライアントに迅速で安定感のあるサービスを提供致します

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務、心理学等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・毎日「お尻の時間」を決めて仕事をする。

・全ての仕事に「〆切日」を入れる。

・川に飛び込んでから渡り方を考えよ。

・時間をかけないと質が落ちる、は思い込み。

・能力差は効率UPで逆転可能。

・仕事のスピード = 判断のスピード

・デッドラインの基本は「明日」。どんどん前倒し。

・仕事は発生した瞬間に取り組む、一番効率が上がる。

■ 私見
100%の出来まで要求されない仕事はどんどん前倒しで締め日前までにやり遂げる。時間をかけると100%の出来栄えになるのはうそ。100%に限りなく近づくにしても100%には決してならない。仕事はスピード優先、という筆者のワークスタイルは気持ちいいくらいストレートである。

TDA株式会社は、スピードがクオリティと強く認識してクライアントに迅速で安定感のあるサービスを提供してまいりたいと考えております。

誰からも「取引したい」と言われる会社の条件

1つの取引で会社が劇的に変わる

著者 : 岩松正記
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
発売日 : 2014-02-14

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務、心理学等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・相手に求めることは、実は自分も求められていること。

・外面がいい社長は当たり前

・良い引越、悪い引越を見極めよ

・露出が多いのは自費or取材なのか?

・誰と付き合うかで人生が決まる。
 一つの取引で会社が劇的に変わる。
→ 良い取引先と繋がれば自分も会社も伸びる。

・取引されない会社の絶対条件
① 利益を共有、成長できない会社
② 態度が悪い会社
③ 悪評がある会社
④ 能力がない会社
⑤ 義理を忘れるような会社

・選ばれる会社の絶対条件
① 価格に魅力がある
② 紹介してくれた相手次第
③ お金の面で信用できる
④ 担当者が気に入る
⑤ トップに惚れられる

■ 私見
人間関係を考えれば即座に分かるだろう。「類は友を呼ぶ」でもあるし、インフルエンサー(特別な影響力を持つキーパーソン)やコネクター(人と人を結び付けてくれる人)を思い浮かべるといい。人間関係の良好な構築如何によって人生は大きく変わるし影響力は甚大である。これは企業にも完全に当てはまるといっていい。たった一人の人間と結婚して人生が変わったのと同じように、大きな1社や紹介先をどんどん見つけてくれる1社と取引しただけで大化けした企業、成功した企業は多くある。ぜひ参考にされたい。

大前研一 戦略論―戦略コンセプトの原点

クライアントの要望を御用聞きの様に総合的にアドバイスするTDA株式会社

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務、心理学等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

<アライアンスの定義>・・・
国家が昔から知っていたことを企業はやっと今になって学び始めた。
それは危険な敵でいっぱいの複雑で先の読めない世界では一人では進まない方が賢明だということ。
広い戦線をカバーしなくてはならない大国の伝統的な戦略行動は自国の利害と一致する国々と共通の大義を打ち立てること。
そうすることを恥じる必要性は全く無い。
国家間のアライアンス(同盟条約)を結ぶことは有能な外交戦略家であれば打ち手のひとつとして必ず持っていなければならない選択肢。
今日の競合環境では企業経営者にもこのことが当てはまる。

つまり、、、
・全ての客に最高水準の価値を全て独力で常に提供できる企業はほとんど無い。

・アライアンスは、物事を簡便にしてくれるツールでは無い。

・パートナー同士が協力し合い、お互いの固定費に対する限界利益を最大化できる。

・アライアンスは、緩やかに進化していく関係。

・成功に導くには双方が時間をかけて勤勉に努力しなければならない。

<コラボレーションを成功に導くための「掟」>・・・

・お互いの尊敬と信頼が必須条件。もし交渉相手が信用出来なければ交渉を打ち切れ。

・協力関係を続けるうちに経営環境や市場が変化することを認識せよ。そしてパートナーの抱える問題を認識し柔軟に対応せよ。

・パートナーと仕事の場だけで無く社交の場で親しく付き合え。友人と不和になるのは時間がかかるものだ。

・パートナー双方が協力関係から何か(最終的にはお金)を得なくてはならない。相互利益が決定的要件である。

・何かが達成できたらともに祝おう。喜びは分かち合うべきだしあなた方が勝ち取ったものだから。

■ 私見
TDA株式会社は、デザイナー、ウェブデザイナー、経営コンサルタント、司法書士、社会保険労務士、税理士等々スペシャリストの集団をオーガナイズする会社。これらスペシャリストの「アライアンス」を通じて、クライアントの様々な要望をまるで御用聞きの様に総合的にアドバイスするコンサルティング会社。クライアントが安心して何でもアウトソースや相談が出来る様な会社。そのために確固たる強力なアライアンス体制をとってまいりたいと考えます。

ブランド戦略

ブランドにはファンがつきもの

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務、心理学等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・ブランドにはファンがつきもの
→ 引力がある
→ 何故ならそこにmissionがあるから

・「生き方」と「働き方」が一致する幸せ

・大好きな御客様とだけお付き合いする時代 ←→ マスマーケティング
「こういうタイプの御客様だけにきてもらいたい」というメッセージを発する。

■ 私見
大量生産、大量消費、大量広告のマスの時代は今だ強力な影響力を持っている。資本力と人材が豊富な巨大企業であれば、まだこれでいい。しかし、巨大企業でさえマスマーケティングと違う方法でターゲティングを入念に行ったブランド作りを進めている。小規模・中堅企業ならなおさら選別した消費者を狙うことが効果的と推察される。例えば、全国展開するよりも地域ブランドのほうがなり易いと考えられる。