サボる技術―10分の1の努力で成果が出せちゃう仕事術

TDA株式会社は「最小の労力で最大の成果」を出すためのアドバイザー

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務、心理学等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・上手にサボる人は自分にしかできないことに集中する。

・どうやったら最小の労力で最大の成果が得られるかを常に考える。

① 極限まで考え抜く
② 集中を繰り返す
③ 常に問題意識を持つ

■ 私見
サボる(サボタージュする)とは、決していい加減な意味では無い。全てを全力で出し切るには時間も労力も限られている世知辛いこのご時世。ビジネスでは、真っ向から全身全霊でやらなければならないことと、少し力を抜いたり自分以外の他の誰かに任せることとに分けて、上手に緩急や強弱をつけなければならない。努力と成果は比例しない。この原則を忘れてはならない。「最小の労力(時間や人件費のリソース)で最大の成果(結果)」を出すにはどうしたらいいか?を常に念頭に置いてのビジネスが求められる。

TDA株式会社は、「最小の労力(時間や人件費のリソース)で最大の成果(結果)」を出すための、アウトソース事業やツールを提供出来るアドバイザーと確信します。それは、なにより、TDA株式会社がそれを常に実践し向上しようと努力をしているからです。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>