投稿

412MTT3RZML._SX298_BO1,204,203,200_

富裕層。虚構でしかない「見栄」と金額で換算できる資産の「実態」は違う

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務、心理学等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・全ての文化・経済活動は、富裕層のライフスタイルに追い付く作業
(将来に、一般・中間層にまで浸透していく)

・文化が成熟してくると、いったい誰がお金持ちなのか分かりにくくなるという事態が生まれる

・富裕層は自分のスキなものにはいくらでもお金をかけるがスキでないものには一切お金を使わない

・「列に並ばなくていいサービス」は列に並んでいる他の人からいかに文句が出ないようにするかを考える必要がある
→時間の無駄だから行列に並ばない

・こっちのほうが得、損というやり方は富裕層向けでは無い

・モノを売るにしてもサービスをするにしても、本物のサービスを受けたことのある人だけが選択肢の提案やサービスの提供ができる

・形の無いサービスにおいては、何がアップグレードできるかを考えておく
提供できるサービスがディスカウントしかない業界はこれから伸びない

■ 私見
知っている人・経験してきた人にしか、その人の気持ちや思いや行動が本当に分からない、理解できない。
これは一部正しいと思う。
であるならば、富裕層に対してマーケティングやモノ・サービスを提供できるのは同列同類の富裕層しかいない。
ということになる。
バブリーな豪邸に住み、高級車を乗り回し、ファーストクラスの飛行機で旅行し、、、
そんなことを未だにしている人を富裕層とカテゴライズしていいものだろうかと考える。
固定化された富裕層は存在しない。

例えば、
クロックスを履き、車はワンボックスカー、自宅で夕食、金融資産は国債と日本株式、しかし預金と投資信託は数十億単位。
外車の旧車に乗り、行きつけの高級寿司屋に2か月に1度通い、不動産売買で仕事中心の生活。
英国製高級外車に乗り、資金繰りに奔走し、接待は北新地へ行く自動車販売業会社社長。

見た目(外見)と中身(資産規模)は一致しない。
虚構でしかない「見栄」と金額で換算できる資産の「実態」は違うのである。
よくよく人を見る目を持たねばならない。

ビジネスマン必携!デキる人の数式

コモディティ化に対抗するマーケティングの検討

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務、心理学等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・人の心に火をつける要素
得 ←→ 損
良い ←→ 悪い
好き ←→ 嫌い
面白い ←→ つまらない
かわいい ←→ かわいくない
楽しい ←→ 楽しくない

上記のうち、
得 ←→ 損
良い ←→ 悪い
は「ニーズ」・・・理性が判断。パフォーマンスや予算を基礎とする。

上記のうち、
好き ←→ 嫌い
面白い ←→ つまらない
かわいい ←→ かわいくない
楽しい ←→ 楽しくない
は、「ウォンツ」・・・制約は無い。欲しいものは欲しい。感性・感情のおもむくまま。

■ 私見
ニーズは目に見えやすい。理屈や論理や数字でほとんど判断できる。対して、ウォンツは目に見えにくい、情緒的ベネフィットである。個人個人によって嗜好・好み・優先度合が違い、他人に具体的に説明するのに少々困難。モノ・サービスのコモディティ化が進み、どれもこれも似通ったモノ・サービスに溢れかえっている現在、ウォンツを満たせばなんとかならないだろうか?マーケティングに関する検討は心理学・社会学にも及ぶ。TDA株式会社は、コモディティ化に対抗するマーケティング方法を常に検討、クライアントにアドバイスを随時進めている。

あなたの中の起業家を呼び起こせ! 普通の人がすごい会社をつくる方法

人々がお金を払ってでも欲しいものは何か?

■ 読書備忘録(企業経営、ビジネススキル等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・この世界の中で切実に必要とされているものは何か?
人々がお金を払ってでも欲しいものは何か?
(ex. 約束しているのに提供されていないサービス。約束しているのに不十分な商品)

欠けている何かは人々の手には届かないところにある。

■ 私見
顧客ニーズをくみ取って、いいサービス、いい製品を世に出す作業。TDA株式会社でのこの作業はクリエイティブかつわくわくする作業でありたいと考える。現行製品を提供することで満足するような安住の地にいるプロフェッショナル、職人では前進すら出来ないだろう。

時間資本主義の到来

提供するサービスについて、時間軸を考慮せよ

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務、心理学等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・工業生産・・・時間に比例する
アイデア、デザイン等クリエイティブな生産・・・時間に比例しない

・時間制約という枠組みから心理的に脱却できるような商品・サービスを求めるようになる。

・時間価値
①「節約時間価値」・・・そのモノやサービスを使うことによって時間が短縮でき、有意義な時間が生み出される。
(ex. コンビニ、すすぎ時間の短い洗剤)
② 「創造時間価値」・・・そのモノやサービスを使うことそのものによって、有意義な時間が生み出される。
(ex. スタバ)

・ホワイトカラーは生産性が上がって出来た時間に、さらにスキルアップを図って生産性を上げようとし、負のスパイラルに陥っていく。効率化された時間をさらに仕事に宛てている。

■ 私見
下記表の働き方による4分類のマトリクスによれば、
① 収入はあるが時間が無い「伝統的エリート」
② 収入は少なく時間も無い「真面目貧乏」
③ 収入もあり時間もある「クリエイティブ・クラス」
④ 収入も時間も無い「終わりなき日常を生き続ける人」
の4分類に分けている。伝統的エリートは事務処理能力(生産性)が高く残業もこなし、働けば働くほど高収入になるいわゆるホワイトカラーの一般的な働き方。この働き方が今までの価値観や制度からしてゴールであったわけだ。重工業でも時間に比例して生産が増えるのでこれにぴったり当てはまる。この①に対して、②の働き方は、創造生産性が高い(つまり、時間に比例しない収入を得られるであろう)ので、生産性は時間に比例しない。このクリエイティブ・クラスが台頭しつつある、という。クリエイティブな仕事というものは、時間に比例しないというのは合っている。しかし、少ない労働時間で高い生産性を出せることもあるが、多い労働時間をこなしても少ない生産性しかあがらないケースもままあることに留意しなければならない。創造するには時間を要することが多々あることを忘れてはならない。ひらめきなんて時間をかけようがかけまいが出てこない時もあるから②の「真面目貧乏」に陥る可能性も考慮しなければならない。

とはいえ、従来の「時間×単価=収入」という計算式で収入が見積もることが不可能な業種やサービスが増加していることに着目しなければならない。時間は、相対的かつ重要なリソースかつ不可分な性質を持っている。従業員の働き方や企業が提供するサービスについて、時間軸を考慮して再検討する機会が必要になってきたと考えられる。

【表・・・働き方による4分類のマトリクス。収入が高い低いが縦軸、時間がある・無いが横軸。】
277b1dc9bf2b148cb898bad6f59b0b97

トム・ピーターズ

男性と女性のマーケティングの違いに注目せよ!

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務、心理学等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

男性と女性の性格・人生観・考え方の大きな相違点から、女性に対するマーケティングを再考察する書籍。

【表・・・男性と女性の違い】
左側が、男性が大切にしていること。性格、傾向。
右側が、女性が大切にしていること。性格。傾向。
男性と女性の生きざま・価値観はこうも違う。
これまでのマーケティングは男性目線だったことに気づくはずだ。
ベスト、ナンバーワン、ソリューション、ロジック、、、これは男性優位の考え方。
女性ならば、空気感や共感や親しみ易さを重要視する。
「あなたも私も一緒、似ているところがある」だから、いいね、という考え方が強く感じられる。
財布のひもを持つのは男性?女性?
長生きするのは男性?女性?
元気なのは男性?女性?
モノを買いたがるのは男性?女性?
トレンド魂