投稿

51N7RJPR77L._SX349_BO1,204,203,200_

経営者は、計画を持続実行する精神力と管理能力にまだまだ欠けている

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務、心理学等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・仕事の予定時間は、その概算の1.5倍をスケジュールに組み込む

・先行逃げ切り・・・スタートダッシュが決め手

・今できることは今やる

■ 私見
上記の教訓は痛いほど身に沁みている。
仕事を終わらせる時間を甘めに見積もってしまい(良くない楽観主義)、
その結果、結局、、、、、、〆切に追われる。
仕事に追われているのではない、時間に追われているのだ。
〆切まで日数があるときはまだまだ時間に余裕があると感じてしまう。
〆切まで日数が少なくなってきた段階で焦り出す。
〆切に間に合わないか中途半端な仕事しか出来ず、取引先にも顧客にも迷惑をかけてしまう。

だからゆえ、早め早めに余裕をもってやれることを先に先に実行する。
爆発的なスタートダッシュで先行逃げ切りは有効である。
もちろんコツコツと〆切に向けて余裕を持った計画を持続実行する精神力と管理能力も求められる。
これは簡単そうで簡単では無い。
これを継続して実行しなければならない。

一般的に多いのが、経営者が、計画を持続実行する精神力と管理能力にまだまだ欠けているところである。
これは、秘書や上役の管理者が居ないことも理由にあるだろう。
ケツを叩いてくれる時間管理をしてくれる人が不在なのだ。

TDA株式会社はスピードが一番の優先事項であり、一番のウリである。
何か月も先の業務まで進めている。
我々は、「経営者のケツを叩いてくれる時間管理をしてくれる人の役割」をも受けている。
経営者の仕事の進捗管理、〆切までの日数工程をノーティスすることを請け負っている。

「明日やろうは、ばか野郎」
なんていう冗談みたいな言葉だが、前の職場では流行りのフレーズだった。

「今できることは今やる」
重々自覚しておかなければならないと考える。

41x-VCJpG-L._SX339_BO1,204,203,200_

やらないことのリストを作り ムダやさほど必要のないことをやらない

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務、心理学等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・何をしないかを明らかにする。人の一生は「全て」をやれるほど長くはない。

・好きな仕事を増やすために、好きではない仕事を毎年20%ずつ削減する。

■ 私見
やること
やれること
やらねばならぬこと
TO DO LIST
を数えるのではなくて、、、、

やらないこと
してはいけないこと
削減すること
を見つけてそれを減らすこと。

やることを見つけることはたやすく、無尽蔵に湧いてくる。
やることだらけで、
やり終えてもやり終えても次から次からやることが湧いてくる。
きりがない。

無限の時間があれば
永遠であれば
それで良いだろう。
時間には限りがあることを念頭に置かなくてはならないと考える。
これは人生のことだけではなくて、
ビジネスにも当然に当てはまる。
例えば、特定の事業のフォーカスすること、特定のターゲット層に絞り込むこととは、
やらないことを決めることと言っている内容は同じ。
その他の事業をやらない、他の層は切ると言っているのだ。

やらないことのリストを作り
ムダやさほど必要のないことをやらない。
バッサリ切る。
これをすると最優先事項や大切なモノがあぶり出されて見えてくるだろう。

「時間が無くて忙しい」
のではない。

「やらなくていいことをやってるから、時間が無いように感じている」
「時間が有限であることを知らないふりをしている」に過ぎない。

51FPYWPRF4L._SX338_BO1,204,203,200_

コスパがいい。というのは止めにしよう

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務、心理学等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・ビジネスで「いつでもできる」は最も危険な考え方
 「今やらなくていい」に置き換えてしまう
 今できる仕事をあとまわしにすればスピードが遅くなるのも当然

・「自分の時間を削って働くことが美徳である」という風潮が強い

・効率化は、「コスト」ではなく、「時間」で考える
 待ち時間が長くなるなら、PCの買い替え費用なんて取るに足らない問題

・「貧すれば鈍する」→
 せこい環境からはせこい発送しか生まれない
 なんでもコスト削減で切り詰めていくと、
 社員が小さくまとまってしまい、
 斬新なアイデアは浮かびにくくなるだろう

■ 私見
コスパがいい→
コストパフォーマンスがいい。その言葉は費用対効果が優れている、という意味合いで使用されることが多い。
つまり、安いけどコレおいしいじゃん!ってやつだ。
味噌汁・メイン・ごはん・サラダ付きでランチ500円ならコスパがいい、というのが顕著なサンプルである。
例えば、そのコスパがいいとされるランチ500円を食べるのには、車で15分の距離にある定食屋でかつ20分待たなければいけなかったら、、、
果たして、、コスパはいいのか?
コスト(つまり、値段)だけで判断してはならない。
それを得るための「所用時間」(移動時間と手待ち時間)を考慮して判断しなければならないと考える。
ビジネスの世界では時間を有意義にゆっくり活用できることなぞ、、、先ず無いと見ていい。
移動時間と手待ち時間という大切な時間を無駄に浪費できる企業なぞ、、、先ず無いと見ていい。
資本主義社会、経済社会では、客観的指標である「お金」という価値基準でそれぞれ商品・サービスを比較できることが前提のモデルである。
しかし、「時間」はどの社会でもどんな人間でも平等に与えられた非常に限りある有効資源。
時間に対して決してルーズであってはならない。

覚悟力 なぜか結果を出す人の生き方

優柔不断な企業、迷える企業は、TDA株式会社を

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務、心理学等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・覚悟・・・結果を心配する心を離れて、自分の信念に基づいて行動する力。

・「私達は自由に行動していいけれども、その行動の結果は私達の自由にはならない」
という事実を受け入れることが大事。

・迷ったままだから不安は消えない。迷いを抜け出すには覚悟を決めて生きること。

・優柔不断は誤った結果よりなお悪い。

・明確にしていくときには「大事なことから決めていく」ことが原則。

・時間管理 = 自分の命の使い方を管理すること
→「時間」の問題では無くなり、「何が重要か?」という視点になる。

・選択肢は、「成長できるかどうか?」という判断基準を持ち込む。

・選ぶこと = 捨てること

■ 私見
ベストを尽くせば結果はついてくる、の意だと考える。それはプロセス重視で、その過程が良ければ結果は致し方ないという意では無い。優柔不断のまま心配のまま行動を起こせば結果はおのずとついてこない。。。その心境だと相手方に不安な心境が丸見え。覚悟が見えてこない。見切り発車でも自信を持ち、最良の行動を行ったという自負があればいい結果が出る可能性は勿論高まるであろう。

ビジネススキルで重要な考え方として、
① 迷わず進め
② 時間は自分の命と同様なのだから大切にせよ
③ 捨てることをいとわず選択せよ(企業経営者として一番大事な仕事がコレ。意思決定の連続なのである。)
と説く。

優柔不断な企業、迷える企業は、第三者的立場のアドバイザーとしてTDA株式会社をご活用いただければと考える。

楽して、儲けて、楽しむ 80対20の法則 生活実践篇

TDA株式会社による「少ない労力で多くの成果を出す」アドバイス

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務、心理学等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・「時間の使い方が下手な人ほど時間が足りないと文句を言う」(ラブレー)

・「時間は心優しき神である」(ソフォクレス)焦っているときは冷たく、ゆったりと構えているときに親しくなる。

・時間は足りないのではない。余るほどある。時間があり過ぎるから無駄に使っているところを考え直す。

・時間は大事なことに集中して使え。

・考える時間をたっぷりととることこそが大切な仕事をやり遂げるための必須条件。

・人はお金を得るために時間を切り売りするが、実は「人生のエネルギー」を売っている。生活費を稼ぐために人生のエネルギーを消耗している。仕事によって消耗するエネルギーは過小評価され、見返りに得られるものが過大評価されている。

・「誰もが愛する人をないがしろにしている。現代社会では、金と仕事が先で、愛する者は、、、3番目だ」(オスカー・ワイルド)

・少ない労力で多くの成果を出す ○ 
 多くの労力で多くの成果を出す ×

・「心から何かを求めたとき、全宇宙がはかりめぐらして、それを達成できるよう助けてくれる」(パウロ・コエリョ)

・「全ての問題はよりシンプルにするのではなく、出来る限りシンプルにすべきだ」(アインシュタイン)

■ 私見
タイムマネジメント(時間管理)に関するビジネス書は数多くある。読んだだけで実行できている人は少ない。読んで満足、読んだだけでマネジメント出来たような気になるだけでは何も生まない。つまり、読むのは無意味である。時間管理本のようなマニュアル本は、仕事を効率化することに主眼を置き、余った時間はまた他の別の仕事を行うためのもの、としているようでならない。また、多くのタスクやto do listをスピーディーに整理整頓してテクニカルかつ効率的に終わらせることを目指すその前提こそ自体考え直さなくてはならないと考える。「忙しい」という言葉は、ていのいい言い訳で世間に通じている。しかし、この言葉は、儲かって儲かって仕方がないとかの次元では無く、「貧乏暇なし」「私には仕事をこなす能力が無い」ということをを公言しているようなもの。世界で一番多忙と言われる米国大統領はそんなこと口に出すことは無いだろう(多分)。仕事をし、feeを稼ぐことは絶対必要な生活の糧ではあるが、長い人生それが全てでは無い。家庭、プライベート、趣味、余暇、ボランティア等にフォーカス出来なかったりエンジョイ出来ないくらい仕事で忙しいのは、、、、時間配分・能力配分が大いにズレているか(能力の使い方が間違っているか)、環境がおかしい場所に置かれているか、仕事と金に重きを置いている人生観を持っているか、であろう。西洋のプロテスタンティズムのいう勤勉の精神は、頑張って努力してこつこつ仕事をこなせば報われるという風潮・文化として日本にもしっかり根付いている。努力・忍耐・苦労はしなくてもいい内容にまで及んでいないか?その疑問にこそ時間をじっくりかけて熟考すべきではなかろうか。

TDA株式会社では、経営者の行動や企業のシステムのムダな時間・ムダな仕事を抽出して、「少ない労力で多くの成果を出す」アドバイスを行っている。いうなれば、クライアントに質のある時間を新たに生み出す、という手助け事業である。
出来る限り何でもシンプルにし、大切なことに集中してもらって、有意義に人生を送ってもらいたいし、無理なく事業に成功してもらいたい。これがTDA株式会社のクライアントに対する思いである。