投稿

はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術

起業したら3つの人格が必要

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・「事業の中心となる専門的な能力があれば、事業を経営する能力は十分に備わっている」← 致命的な仮定!

専門的な仕事をこなすことと、その能力を活かして事業を経営することは全く別の問題である。

・起業したら3つの人格が必要
① 起業家(変化を好む理想主義者)長期的視野
② マネージャー(管理が得意な現実主義者)
③ 職人(現場で手に職を持った個人主義者)短期的視野(まさに今だけ)

・自分が居なくても上手くいく仕組・・・「事業のパッケージ化」の考え方を持つ
① ハードシステム
② ソフトシステム
③ 情報システム
→システムがクライアントを満足させる・イノベーション→数値化→マニュアル化 が事業を発展させるコツ・初めから一流企業のように経営する・例え、一人でも組織図を作る。(ex.営業部、総務部、経理部、購買部等々)・あなたの事業はあなたの人生では無い。事業と人生は全く別物。人生の目的は事業に奉仕することでは無い。反対に、事業は人生に奉仕することである。

■ 私見
スタートアップ時には特に、経営者は3つの顔を持たねばならない。「起業家」と「管理者」と「職人」である。専門家しかり飲食店しかり、、、どのような業種業態に関わらず経営者はあらかた職人だらけ。起業家と管理者の顔を持つ時間と能力に欠けている。製品・商品・サービスが良かろうが並だろうが、起業家と管理者が居ないビークル(組織体)は成長しない。個人事業主や小企業としてそれなりの規模を安定的に、かつ拡大路線を考慮しないスタイルやポリシーを貫くモデルなのであれば、それでも全く構わない。しかし、少なくとも職人という専門家(専門バカ)の視点だけではなく、大局的・俯瞰的な視野を持ったうえでビジネスを軌道に乗せてもらいたい。でなければ、数年で廃業の憂き目を見る確率は高まるだろう。

あなたの中の起業家を呼び起こせ! 普通の人がすごい会社をつくる方法

人々がお金を払ってでも欲しいものは何か?

■ 読書備忘録(企業経営、ビジネススキル等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・この世界の中で切実に必要とされているものは何か?
人々がお金を払ってでも欲しいものは何か?
(ex. 約束しているのに提供されていないサービス。約束しているのに不十分な商品)

欠けている何かは人々の手には届かないところにある。

■ 私見
顧客ニーズをくみ取って、いいサービス、いい製品を世に出す作業。TDA株式会社でのこの作業はクリエイティブかつわくわくする作業でありたいと考える。現行製品を提供することで満足するような安住の地にいるプロフェッショナル、職人では前進すら出来ないだろう。