投稿

ブランド戦略

ブランドにはファンがつきもの

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務、心理学等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・ブランドにはファンがつきもの
→ 引力がある
→ 何故ならそこにmissionがあるから

・「生き方」と「働き方」が一致する幸せ

・大好きな御客様とだけお付き合いする時代 ←→ マスマーケティング
「こういうタイプの御客様だけにきてもらいたい」というメッセージを発する。

■ 私見
大量生産、大量消費、大量広告のマスの時代は今だ強力な影響力を持っている。資本力と人材が豊富な巨大企業であれば、まだこれでいい。しかし、巨大企業でさえマスマーケティングと違う方法でターゲティングを入念に行ったブランド作りを進めている。小規模・中堅企業ならなおさら選別した消費者を狙うことが効果的と推察される。例えば、全国展開するよりも地域ブランドのほうがなり易いと考えられる。

『売れるブランドのつくり方』石澤昭彦

エモーショナルな価値がブランドをつくる

著者 : 石澤昭彦
阪急コミュニケーションズ
発売日 : 2004-09-16

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務、心理学等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・エモーショナル(感情的)な価値がブランドをつくる(企業の人格も含む)

・夢 × スタイル = ブランドの風景。ブランドの風景とは「世界観」
夢・・・企業、商品の存在意義の幹、目的意識。ありたい姿。志し。
スタイル・・・「おもてなしの心」、どう感じてもらいたいか?トーン、マナー、開発思想、販売方法
世界観・・・ブランドの本質的価値を顧客と共有するため、それを見た人の心の中にどんな感情を呼び起こしたいか?

・ブランドプロミス
① vision・・・企業としての夢。どんな世界にしたいか?
② mission・・・そのために何をするか?
③ personality・・・それを達成するためにどんな人格がいいのか?
④ core value・・・元々持っている強みは何か?

・ブランディングターゲットは、年齢・性別ではなく、ライフスタイルや価値観で決める。そのブランドの風景、「世界観」で生活する住人をターゲットに。

■ 私見
昔流行ったエモーショナルマーケティング。消費者の心情や感情に訴えて販促する。今でも通用することは多い。ブランドはその消費者の心の中にあって目に見えない。消費者心理を念頭に置いて、じゃあ、どんなブランドにしたいの?と。夢やスタイル無しでブランドを呼び起こさせることは出来ないということ。