投稿

51N7RJPR77L._SX349_BO1,204,203,200_

経営者は、計画を持続実行する精神力と管理能力にまだまだ欠けている

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務、心理学等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・仕事の予定時間は、その概算の1.5倍をスケジュールに組み込む

・先行逃げ切り・・・スタートダッシュが決め手

・今できることは今やる

■ 私見
上記の教訓は痛いほど身に沁みている。
仕事を終わらせる時間を甘めに見積もってしまい(良くない楽観主義)、
その結果、結局、、、、、、〆切に追われる。
仕事に追われているのではない、時間に追われているのだ。
〆切まで日数があるときはまだまだ時間に余裕があると感じてしまう。
〆切まで日数が少なくなってきた段階で焦り出す。
〆切に間に合わないか中途半端な仕事しか出来ず、取引先にも顧客にも迷惑をかけてしまう。

だからゆえ、早め早めに余裕をもってやれることを先に先に実行する。
爆発的なスタートダッシュで先行逃げ切りは有効である。
もちろんコツコツと〆切に向けて余裕を持った計画を持続実行する精神力と管理能力も求められる。
これは簡単そうで簡単では無い。
これを継続して実行しなければならない。

一般的に多いのが、経営者が、計画を持続実行する精神力と管理能力にまだまだ欠けているところである。
これは、秘書や上役の管理者が居ないことも理由にあるだろう。
ケツを叩いてくれる時間管理をしてくれる人が不在なのだ。

TDA株式会社はスピードが一番の優先事項であり、一番のウリである。
何か月も先の業務まで進めている。
我々は、「経営者のケツを叩いてくれる時間管理をしてくれる人の役割」をも受けている。
経営者の仕事の進捗管理、〆切までの日数工程をノーティスすることを請け負っている。

「明日やろうは、ばか野郎」
なんていう冗談みたいな言葉だが、前の職場では流行りのフレーズだった。

「今できることは今やる」
重々自覚しておかなければならないと考える。

41x-VCJpG-L._SX339_BO1,204,203,200_

やらないことのリストを作り ムダやさほど必要のないことをやらない

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務、心理学等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・何をしないかを明らかにする。人の一生は「全て」をやれるほど長くはない。

・好きな仕事を増やすために、好きではない仕事を毎年20%ずつ削減する。

■ 私見
やること
やれること
やらねばならぬこと
TO DO LIST
を数えるのではなくて、、、、

やらないこと
してはいけないこと
削減すること
を見つけてそれを減らすこと。

やることを見つけることはたやすく、無尽蔵に湧いてくる。
やることだらけで、
やり終えてもやり終えても次から次からやることが湧いてくる。
きりがない。

無限の時間があれば
永遠であれば
それで良いだろう。
時間には限りがあることを念頭に置かなくてはならないと考える。
これは人生のことだけではなくて、
ビジネスにも当然に当てはまる。
例えば、特定の事業のフォーカスすること、特定のターゲット層に絞り込むこととは、
やらないことを決めることと言っている内容は同じ。
その他の事業をやらない、他の層は切ると言っているのだ。

やらないことのリストを作り
ムダやさほど必要のないことをやらない。
バッサリ切る。
これをすると最優先事項や大切なモノがあぶり出されて見えてくるだろう。

「時間が無くて忙しい」
のではない。

「やらなくていいことをやってるから、時間が無いように感じている」
「時間が有限であることを知らないふりをしている」に過ぎない。

51tGsNcIiAL._SX298_BO1,204,203,200_

型が身についてからこそ、型破り

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務、心理学等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・スローキャリアとは、
仕事を重視しない ×
私生活とのバランスをとりながらのんびり働く ×
ワークとライフのバランスをとる ×
では無い。

・スローキャリアとは、
→ 仕事の質やプロセスにこだわった働き方 ○
→ 仕事だけでなく私生活も含めた生き方全般にpolicyを持って主体的に取り組むこと ○
→ ワークとライフを統合させること ○
だと説く

・遊ぶ能力が低いと仕事も楽しめない

・見えない化する社会だから見える化の努力が求められる

・今の仕事と関係なくてもテーマを追い続けることでいつかそれが仕事になる

・予期せぬチャンスは親しくない人からやってくる

・他人に教えることが出来て初めて習得したといえる

・デメリットは事前に見え易いが、メリットは後から分かることもある

■ 私見
オンとオフの区別、仕事とプライベートの切り替え、これが会社勤めではしごく一般的に当然のこととして認識されている。
筆者の言う、ワークとライフを統合させることとは、workとlifeをblendする(混ぜくる、つまり、渾然一体化する)と認識出来よう。
切り替え、分ける、が当たり前の世界で、その2つを統合させてしまうことは相当の困難であろう。それは間違いない。
ただ、仕事の時に堅いアタマだけでは無く、オフの時のちょっとした遊び心を取り入れたり、仕事には関係性が少ないことをやってみたりする。それもブレンド。

若い時分に仕事の枠組みや仕組みややり方を十分に理解し経験を経た後(つまり、型にはまった後)、
型にはまらない応用を求められる年齢になった時、柔軟性が求められる時に、ブレンドすることが役立つと考える。

型が身についてからこその型破り。
基礎が身についてからこその応用。
である。

51RjpJ2RLNL._SX342_BO1,204,203,200_

依頼者のレベル感に達したモノを約束の日までに納品すること

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務、心理学等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・ものごとを決めるのが遅い。しかも、中途半端、というのでは競争のなかで落ちこぼれていく。

・ビジネスはアートでは無い。
 それより大事なのは依頼した人が求めているレベルの結果を期日までに出すことができるかどうか?

・仕事ができる人はやるべきことを全てリスト化し、それをスケジュール表やチェックシートに落とし込んで漏れなく正しい順番で粛々と行っていく。

■ 私見
ビジネスはアートでは無い。
これはキツイ言葉と思われる。

仕事をしている人からしてみれば、100点のペーパーやレジュメや企画書を作りたい。
でも、仕事を依頼している人からしてみれば、そんなのは後から修正加筆追加すればいいのであって例えば80点でも構わない。

美しくエレガントで完璧なアートのような仕事なんて普通できっこない。
求められるレベル感を依頼者から聞き取り、それを期限までに納品することの方が優先である。
仮に求められるレベル感に達しないのであれば、
仮に80点の作品を完成させたとして納期に遅れたとすれば、
今後依頼は二度と来ないか、信用を落とすだろう。

基本は、「依頼者のレベル感に達したモノを約束の日までに納品すること。」
中小企業の場合、現状、そこの立ち位置まですら達していない部署部門が顕在化している。
アートすることを止めて基本を守ることだけに徹しなければならない。

51FPYWPRF4L._SX338_BO1,204,203,200_

コスパがいい。というのは止めにしよう

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務、心理学等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・ビジネスで「いつでもできる」は最も危険な考え方
 「今やらなくていい」に置き換えてしまう
 今できる仕事をあとまわしにすればスピードが遅くなるのも当然

・「自分の時間を削って働くことが美徳である」という風潮が強い

・効率化は、「コスト」ではなく、「時間」で考える
 待ち時間が長くなるなら、PCの買い替え費用なんて取るに足らない問題

・「貧すれば鈍する」→
 せこい環境からはせこい発送しか生まれない
 なんでもコスト削減で切り詰めていくと、
 社員が小さくまとまってしまい、
 斬新なアイデアは浮かびにくくなるだろう

■ 私見
コスパがいい→
コストパフォーマンスがいい。その言葉は費用対効果が優れている、という意味合いで使用されることが多い。
つまり、安いけどコレおいしいじゃん!ってやつだ。
味噌汁・メイン・ごはん・サラダ付きでランチ500円ならコスパがいい、というのが顕著なサンプルである。
例えば、そのコスパがいいとされるランチ500円を食べるのには、車で15分の距離にある定食屋でかつ20分待たなければいけなかったら、、、
果たして、、コスパはいいのか?
コスト(つまり、値段)だけで判断してはならない。
それを得るための「所用時間」(移動時間と手待ち時間)を考慮して判断しなければならないと考える。
ビジネスの世界では時間を有意義にゆっくり活用できることなぞ、、、先ず無いと見ていい。
移動時間と手待ち時間という大切な時間を無駄に浪費できる企業なぞ、、、先ず無いと見ていい。
資本主義社会、経済社会では、客観的指標である「お金」という価値基準でそれぞれ商品・サービスを比較できることが前提のモデルである。
しかし、「時間」はどの社会でもどんな人間でも平等に与えられた非常に限りある有効資源。
時間に対して決してルーズであってはならない。