投稿

勝者の代償 ニューエコノミーの深淵と未来

勝つために支払わなければいけない代償は何か?その代償とは「全力疾走」

■ 読書備忘録(企業経営、ビジネススキル等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・「ニューエコノミーにおいては偏執狂のみが生き残る。」(アンドリュー・グローブ)

・勝つために支払わなければいけない代償は何か?その代償とは「全力疾走」ということ。他の誰よりも速く、そしてその全力疾走には最終ゴールが無い。それを成し遂げたといえるようなポイントは決して無い。

・ほとんどの組織は提携関係とネットワークへとフラット化されているので、巨大組織の出世階段を昇進することは無い。ニューエコノミーにおいてはまずます自分で自分を昇進させるしかなくなっている。

・機械化が進み、より忙しくなった世界の中で、本質的な贅沢とは、自分のために他の人間がその時間を惜しみなく使ってくれる、ということ。(ex. ソムリエ、ホテルのコンシェルジュ)

・経済の創造的部門(デザイン、コンセプト、プラン、戦略、取引、洞察力)を売ったり、経済部門に適した才能、教育、人脈を持たない人々は、個人的な気配りを売っていくことになる公算が大きい。個人的な気配りは、機械化できない、社会的に高く評価されていない、労働供給が豊富で。伝統的に女性の仕事と見なされてきた。(ex. 保育者、個人トレーナー)

・経済的不安定性、所得と富の格差の拡大、効率的な選別システムが、結果的に個人・家族・コミュニティーの生活をむしばんでいる。

・個人は、消費者でありかつ生産者であり、消費者としてより豊かで便利になればなるほど、生産者・労働者として、より不安定になる。

■ 私見
時間が無い、時間がどんどん減っていく、時間に追われている、という恐れは、自分の能力は勿論のこと、「時代」がスピードに乗り過ぎてどんどん加速度を増しているからなのかもしれない。人間の能力には限りがある。ひたすらに全力疾走しなければ時代についていけないとなると末恐ろしくも感じる。しかも(消費者として)便利になればなるほど豊かになればなるほど、(生産者、労働者として)さらに便利にさらに豊かになってもらうために、さらにあくせく働かなければならなくなるということだ。

レクサスとオリーブの木

俯瞰的・大局的なアドバイザリーサービス

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務、心理学等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・大きい者が小さい者を食う世界から、高速の者が低速の者を食う世界へと移行している。

・難しい諸問題に取り組もうとするとき、その問題をより扱いやすい小さな断片に分ける傾向がある。これは有効な方法ではあるが、なかなか打破できない限界がある。非線形システム、ことに複雑系を扱うとき、断片や局面を見て物事を足し算し、こちらの反応を合わせれば全体の反応になる、というわけにはいかない。

・複雑な非線形システムでは下記方法でしか全体のシステムを描けない。
→ 全体を俯瞰する専門家が必要。
① 問題を先ず小さな断片に分解し一つ一つの局面を研究し、
② その後で各々の間で動く強力な相互作用、その結びつきを研究しなければならない。

■ 私見
筆者トーマス・フリードマンがいう「大きい者が小さい者を食う世界」とは、巨大企業が中小企業を食う世界のことである。今までは資金力、政治力、規制、オートメーション化、大量生産によりビークル(組織、会社)が大きければ大きいほどメリットを享受してきた。コモディティ化による規模の経済という公式が通用してきた時代である。ニューエコノミーの時代になったとしてもその世界も十分に残る余地はある。「高速の者が低速の者を食う世界」とは、スピードのある企業がスピードの無い企業を食う世界のことである。拙速が遅速を駆逐するということ。時代はどんどんスピードアップし、技術革新は進み、消費者のニーズはあっという間に変貌する。変化の流れについていけない企業は取り残される一方、この予測はほぼ正しいと認識している。

複雑な非線形システムについていえば、、木を見て森を見ない場合、企業のあらゆる問題をいっこうに解決することは出来ないことを意味する。
例えば、会計の例だと、原価率が高い原因は何か?という場合。
・仕入れ値が高い
・仕入先が偏っている
・売上単価が低いものが多く売れている
・売上単価が高いものは売れていない
・廃棄率が高い
・家事消費が多い
これは会計データを詳細に分析すれば分かる。
実は、原因は下記の要因かもしれない。
・仕入先への交渉能力不足
・新規仕入先への営業能力が低い
・売上単価が高いものを売る努力をしていない(例えば、通販サイトで単価が高いものの配置が悪い)
・仕入担当者が配置転換を行ったばかりだった
結果は、原価率の低さではあるが、原因はいくらでも考えられ、それがいくつも重なって重層的な原因になっている可能性も高い。問題解決にあたり、原因は一つであると決して考えてはならない。要素が複雑に絡み合い、それが表に出ただけであると思わなければならない。俯瞰的・大局的に見るとは、会計のアプローチのみならず、マーケティングや人そのものまで全体的に観察しておかなければならない、ということだ。

TDA株式会社は、メンバーの知恵と知識を駆使して、会計やマーケティングだけに偏らない、俯瞰的・大局的なアドバイザリーサービスを提供致します。

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図

フレキシブルで遊び心を大切にするマインドがTDA株式会社

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務、心理学等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・産業革命は、大量消費社会を作り出し、消費や富の獲得に対する強い欲求を生み出した。
→ テクノロジーの進化とグローバル化の進展は、仕事に対する意識をどう変えるのか?

・不確実性がある以上、柔軟な計画を立てて、様々な状況に耐えうる強力なアイデアを追及するのが賢明。要するに、不確実性を前提に戦略を練る必要がある。

・仕事が「遊び」になるのは、、、
① 普通はやらないことをする場合(逸脱)
② 普通やっていることをやらない場合(回避)
③ ものごとを普通より極端にやる場合(強化)
④ 社会生活の普通のパターンをひっくり返す場合(逆転)
日常と違うことをするとき。
日常の時間と場所の枠を超えて行動するとき。
何の制約も受けずに行動していると感じるとき。
手段と結果の関係に関する固定概念を離れて柔軟に振舞うとき。

・現在の生き方を選択した時点では、自分がどういう選択をしようとしているのかを正しく理解していないケースがある。
その選択をすることにより、どういう結果が待っていて、何をあきらめなくてはならないのかを正確に計算出来なかったからだ。
選択の結果が現実になるまでに時間がかかったり、結果が予期しないものだったりするケースが多いからだ。

■ 私見
日本のような先進国では右肩上がりに時代はとっくに終了している。デフレや倒産や良くない事象はあまたある。つまり確実性は無くなっている。そんな時代を不確実性の時代にはフレキシブルな生き方、戦略が必要であろう。
カタイアタマで考え抜いてもムダで埒があかないし解決できないことが出てこよう。
ヤワラカイアタマ、つまり「遊び心を加えた」くらいの仕事をすることこそフレキシブルと筆者は説く。
ヒラメキは、まず、デスクでは出てこない。オフィス内では出てこない。間違いない。
風呂の中(「ユーレカ!」と叫んだアルキメデス)
読書中のニュートン(リンゴが落ちてきた)
散歩中のスティーブ・ジョブズ(取引先、友人と会話するときは必ず散歩に出かける)

TDA株式会社のメンバーは、税理士や社会保険労務士や社会保険労務士といった士業が多数の構成。士業の一般的なイメージは、真面目、誠実、固い、がど定番のフレーズ。
我々TDA株式会社のイメージは全く違う。
真面目、誠実はプロフェッショナルの倫理観として外してはならないが、「固い」はいくぶん外れている。
フレキシブルで、遊び心を大切にする価値観を忘れないマインドで日々業務に勤しむ、これがメンバーの行動でありたいと考えている。

コトラー 新・マーケティング原論

リアルタイム化、グローバル化、外注化は、TDA株式会社では既に実行中

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務、心理学等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・ニューエコノミー・・・インターネット + テクノロジー + グローバリゼーション が結びついて創出された。勝者の条件は、卓越した情報システムを構築し他者をしのぐ情報力と叡智を身につけること。

・「顧客のニーズを感じ取り、それに応える」といった発想でマーケティングを推進。今日の企業が努めるべきは、顧客ニーズを最も利便性の高い方法で満たすこと。最小限の時間とエネルギーで製品やサービスを探し、注文し、受け取れること。

・デジタルエコノミーで好業績を上げる秘訣
① 情報の非対称を解消して、全ての当事者に等しく情報を伝える。現実の世界では、情報の完全性・対称性の保証、参加者全てが対等な力と移動性を持ってはいない。一般に売り手が情報を入手しやすく買い手は著しく不利な立場に置かれている。とこどが、デジタル技術の力によって売り手と買い手の情報力格差や力関係に劇的な変化が生じている。情報の偏在化・低コスト化が進んだ。
② 一部の顧客では無く全ての顧客に製品を用意する。(ex. デルモデル)
③ 「作って売る」発送を捨て、「ニーズを感じ取って満たす」ように努める。オリジナリティ、スピーディー、ニーズに効率的に応えられる、高い収益力を享受できる
④ 地域経済では無くグローバル経済を事業のフィールドに据える。インターネットを利用すれば地理的な到達範囲(リーチ)を飛躍的に広げられる。
⑤ 資産を自ら所有するのではなく、社外の資産を利用する。(ex. 業務の外注、リース、物的資産の売却、資産のスリム化)
⑥ JIT → リアルタイムへ移行する
⑦ マス・マーケット(大量市場)× → マーケットオブワン(個客市場)○ を前提にする。
⑧ コーポレート・ガバナンス(企業統治)× → マーケット・ガバナンス(市場統治)○ 低コストで行える事業活動のみ内製し、他を外注する。情報の入手が容易になったため取引コストは低減している。市場で勝ち残るためには顧客、サプライヤー、事業パートナーとの絆を深め、リレーションシップを構築。マネジメントする能力が重みを増してくる。

■ 私見
リアルタイム化、グローバル化、外注化、これらについては、TDA株式会社で既に実行中であり、実を結んできている。顧客ニーズをくみ取ってサービスを提供する、ことにおいては常に考えながら進めていかなければならない課題とし、マーケティングプランを進行中である。常にニューエコノミーの状況を判断しながら、前へ前へスピーディーに進んでいかなければならないと考える。