投稿

トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〈2〉セクシープロジェクトで差をつけろ!

総合的で統合されたデザインコンサルティングにTDA株式会社は挑戦する

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務、心理学等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・美しくないものは何かが間違っている。

・デザインに敏感になる。

・何かをやるときでも、「すごいか、すごくないか」を判断基準にしてものごとのやり方を決める。

・やってみなければできるかどうか分からない。

・すごいことをやってみると思わなければすごいことは何も出来ない。

・作品を評価する基準
① スタイル・・・かっこいいか?
② 質・・・みごとな技か?
③ 独創性・・・新しいか?
④ 影響力・・・○○業界の進むべき道が大きく変わるか?

■ 私見
著者の経営コンサルタント、トム・ピーターズは、ビジネスの価値を「デザイン」と「すごい」に置いている。
デザインが美しいものは正しい。ビジネスのお荷物やビジネスのたったその一部でしかなかったデザインについて、これが経営戦略にどれだけのインパクトがあるかを説いている。デザインが良ければ売れる時代、というのでも無い。ほかも良くてしかもさらにデザインも良くなければならない。ロゴや製品の見た目だけでは無い。プロセス、サービス、ロジティクス、、、、何もかも「全て」が美しく整然と統一されたデザインでなければならない。コンセプトや核がズレていれば目の肥えた消費者は直ぐに見抜く。コモディティ化の時代は終わりを告げた。デザインで競合に差をつける時代でもある。それも総合的なデザイン。

企業そのものがトータルでデザインされていなければならない。
ビジネス全般が美しくデザインされなければならない。
そう、付け焼刃では無い総合的で統合されたデザインに関するコンサルティングをTDA株式会社は挑戦していかなければならない。

トム・ピーターズ

男性と女性のマーケティングの違いに注目せよ!

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務、心理学等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

男性と女性の性格・人生観・考え方の大きな相違点から、女性に対するマーケティングを再考察する書籍。

【表・・・男性と女性の違い】
左側が、男性が大切にしていること。性格、傾向。
右側が、女性が大切にしていること。性格。傾向。
男性と女性の生きざま・価値観はこうも違う。
これまでのマーケティングは男性目線だったことに気づくはずだ。
ベスト、ナンバーワン、ソリューション、ロジック、、、これは男性優位の考え方。
女性ならば、空気感や共感や親しみ易さを重要視する。
「あなたも私も一緒、似ているところがある」だから、いいね、という考え方が強く感じられる。
財布のひもを持つのは男性?女性?
長生きするのは男性?女性?
元気なのは男性?女性?
モノを買いたがるのは男性?女性?
トレンド魂