投稿

トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〈2〉セクシープロジェクトで差をつけろ!

総合的で統合されたデザインコンサルティングにTDA株式会社は挑戦する

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務、心理学等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・美しくないものは何かが間違っている。

・デザインに敏感になる。

・何かをやるときでも、「すごいか、すごくないか」を判断基準にしてものごとのやり方を決める。

・やってみなければできるかどうか分からない。

・すごいことをやってみると思わなければすごいことは何も出来ない。

・作品を評価する基準
① スタイル・・・かっこいいか?
② 質・・・みごとな技か?
③ 独創性・・・新しいか?
④ 影響力・・・○○業界の進むべき道が大きく変わるか?

■ 私見
著者の経営コンサルタント、トム・ピーターズは、ビジネスの価値を「デザイン」と「すごい」に置いている。
デザインが美しいものは正しい。ビジネスのお荷物やビジネスのたったその一部でしかなかったデザインについて、これが経営戦略にどれだけのインパクトがあるかを説いている。デザインが良ければ売れる時代、というのでも無い。ほかも良くてしかもさらにデザインも良くなければならない。ロゴや製品の見た目だけでは無い。プロセス、サービス、ロジティクス、、、、何もかも「全て」が美しく整然と統一されたデザインでなければならない。コンセプトや核がズレていれば目の肥えた消費者は直ぐに見抜く。コモディティ化の時代は終わりを告げた。デザインで競合に差をつける時代でもある。それも総合的なデザイン。

企業そのものがトータルでデザインされていなければならない。
ビジネス全般が美しくデザインされなければならない。
そう、付け焼刃では無い総合的で統合されたデザインに関するコンサルティングをTDA株式会社は挑戦していかなければならない。

『売れるブランドのつくり方』石澤昭彦

エモーショナルな価値がブランドをつくる

著者 : 石澤昭彦
阪急コミュニケーションズ
発売日 : 2004-09-16

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務、心理学等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・エモーショナル(感情的)な価値がブランドをつくる(企業の人格も含む)

・夢 × スタイル = ブランドの風景。ブランドの風景とは「世界観」
夢・・・企業、商品の存在意義の幹、目的意識。ありたい姿。志し。
スタイル・・・「おもてなしの心」、どう感じてもらいたいか?トーン、マナー、開発思想、販売方法
世界観・・・ブランドの本質的価値を顧客と共有するため、それを見た人の心の中にどんな感情を呼び起こしたいか?

・ブランドプロミス
① vision・・・企業としての夢。どんな世界にしたいか?
② mission・・・そのために何をするか?
③ personality・・・それを達成するためにどんな人格がいいのか?
④ core value・・・元々持っている強みは何か?

・ブランディングターゲットは、年齢・性別ではなく、ライフスタイルや価値観で決める。そのブランドの風景、「世界観」で生活する住人をターゲットに。

■ 私見
昔流行ったエモーショナルマーケティング。消費者の心情や感情に訴えて販促する。今でも通用することは多い。ブランドはその消費者の心の中にあって目に見えない。消費者心理を念頭に置いて、じゃあ、どんなブランドにしたいの?と。夢やスタイル無しでブランドを呼び起こさせることは出来ないということ。