投稿

企業価値の断絶

コア業務にフォーカスせよ

■ 企業経営、ビジネススキル等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。

・コア・・・競合相手を差別する力を生み出す企業活動。

・コンテクスト・・・コア以外の全て。他社差別化を目標とするのではなく、市場から要求される水準をクリアするためだけに行われる業務。

コンテクストに多くの時間を割けば、その分コアに振り向けるべき時間が失われ、他社を差別する力、つまり競争力が失われる。このジレンマを解消するには、、、
→コンテクストをアウトソースする。貴重な時間を出来る限りコアに振り向く。※前提条件:「A社のコンテクストはB社のコアである。」

・効率的で素早いコミュニケーションを図ることが出来る環境においてのみ複数企業によるバリューチェーンが、単一企業のバリューチェーンを凌駕し得る。

・「株価の上昇に結び付く業務は全てコアであり、その他の業務は全てコンテクストである。」
→コア業務の達成目標には、そこに社内の最強戦力を投入して可能な限りライバル会社に差をつけること。

・何がコアで何がコンテクストかをはっきり見極めること。つまり、市場における企業の競争力を高めてくれる業務とそれ以外の業務とを仕分けすることだけ。
→「これをアウトソースすべきか」×「どこにそれを頼むのか」◎

■ 私見
コア業務にフォーカスし、それ以外のその企業にとってどーでもいい(コンテクスト)業務はアウトソースする。そのためにはアウトソース先とのスピーディーで円滑なコミュニケーションと、アウトソース先を十分な吟味した選定を行うこと、が必須とされる。それこそ競合他社との差別化が図れ、競争力が向上するとされる。TDA株式会社においても、アライアンス先、アウトソース先を十分に吟味し、迅速で円滑な関係を構築し、他のコンサルティング会社との優位性を築く努力を今以上に継続させなければならない。
 

 

人生を変える80対20の法則

努力と報酬は釣り合わないことを知ろう

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・時間が足りないとよく言われるが実際はその反対である。我々には時間がたっぷりある。
ただそれを無駄使いしているだけなのだ。
時間の不足を嘆くのではなく、時間の無駄使いを嘆くべき。

・投入と産出、原因と結果、努力と報酬、の間にはどうにもできない不均衡がありその割合は凡そ80対20。

・投入と産出は釣り合う×
原因と結果は釣り合う×
10日働けば1日の10倍稼げる×
友達は等しく大切× → 誰からかかってきても同じように応対する

本当に高い生産性を上げているのはごく一部の資源。大半の資源は浪費されている。

・「決定的に重要な少数」と「取るに足りない多数」の差に気づき何らかの手を打てば生活は豊かになる。

・目標達成にあまり貢献していない資源は投入しないor控える
 目標達成に大きく貢献する資源は出来る限り沢山投入する

・結果の80%は原因の20%から起こる。原因のほんの一部が結果の大部分を決定する。

・「初期値に対する鋭敏な依存性」・・・入力にほんのわずかな違いがあっても、出力の際に膨大な違いが生じる現象。

・常に生産性が高いもの・・・数が少ない
 常に生産性が低いもの・・・数が多い

・最小限の努力で最大限の利益を上げる。

・努力の平均水準を上げるのではなく、努力を一点に集中する。

・網を広げるのではなく、網を狭める。

・多くの分野で平均点をとるのではなく、一つの分野で突出した成績を上げる。

・決められたコースで走るのではなく、近道を探す。

・日常生活で出来る限りアウトソースを進める。

・手当たり次第にチャンスに飛びつくのではなく、気を静め仕事量を減らし、ゴールへの最短距離に照準をあてる。

・最も単純な20%が何かを常に考えさらに磨きをかけこれ以上は単純化できないというところまで単純化標準化する。

・無駄な飾りや過剰なものはどんどん捨てる。

・単純化できないものは捨てる。

・重要なのは一部の顧客であり、大半の顧客では無い。

・ビジネスのあらゆるレベル(市場分野、製品、顧客、部門、従業員等)で努力と報酬は釣り合わない。

大きな黒字を生み出す数少ない分野を見つけだし黒字を最大化すること。

会計は凹凸をならしてしまうため見えなくなっている。プラスとマイナスを相殺したものを見ていて、それは決して全体像ではない。見えないところでプラス要因とマイナス要因が激しくせめぎあっている。陰に隠れたものを白日の下にさらしマイナス要因を抑えプラス要因に最大のパワーを与えるようにする。

・全てを犠牲にしてあくせく働かないと何事も達成できないと思い込んでいるだけ。大事なのは選択とひらめき。ひらめきという幸運はゆったりとした気分でいるときに訪れる。ひらめくまでは時間がかかるが悠然と構える。(ex. ゆったりと風呂に浸かっていたアルキメデス。リンゴの木の下にぼんやり座っていたニュートン)

■ 私見
人生もビジネスも重要なことはほんの僅かなことに支配されている、とする。その重要なこと(80%)はささいなこと(20%)が原因だという。著者の言う、80対20という割合は、読者に分かり易いような割合にしているのであって、実は、5対95や10対90だったりすることもある。不均衡レベルは考える以上に大きいということだ。結果を出せるもののみにフォーカスせよ、それによれば時間は有り余るほどある、という視点は大いに実践すべきことと考えている。

「週4時間」だけ働く。

誠心誠意を持ったアドバイザー

■ 読書備忘録(企業経営、ビジネススキル等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・大衆受けするものは大抵間違っている。(オスカー・ワイルド)

・自分が多数派の側にいると気づいた時こそ立ち止まって自分と向き合うときである。(マーク・トウェイン)

・日々増加するものではなく、日々減少するものだ。修練の極みとは、結局簡素なものに向かうことである。(ブルース・リー)

・最も恐れていることこそ、最もする必要がある。

・多忙とは怠惰(いいかげんな思考とでたらめな行動)の一形態である。

・時間の不足は、優先順位づけの不足である。

・忙しいからといって、生産的であるとはいえない。

・「働き者」・・・与えられた課題(それが重要であろうとなかろうと)を可能な限り経済的なやり方でやり遂げる。
「できる奴」・・・目標に最短で近づいていく。
つまり、「働き者」イコール「できる奴」ではないのだ。

・愛の反対は冷淡。幸せの反対は退屈。

・わくわくすることは幸せの実質的な同義語であり、まさにあなたの追い求めるべきもの。興奮こそ万能薬。

・決断を間違えたビジネスは潰れる。もう一つ重要なのは、決断が多すぎても同じ結果になることだ。後者は混乱を招く。

・アウトソース・・・目標は、自分の時間を作って、より大きなより有意義なことに集中すること。

・「有効性」・・・目標に近づくように何かをすること。
「効率性」・・・与えられた課題を可能な限り無駄の無い方法でやり遂げること。
有効性を無視して効率性を求められているのが世の中のデフォルトである。

どうでもいいことを上手くやっても、それが重要になるわけでは無い。
多くの時間を必要としても、その仕事が重要になるわけでは無い。

・顧客が常に正しいとは限らない。

・顧客に選択肢を与えれば与えるほど、優柔不断を生み、注文は少なくなるだろう。もっと言えば、選択肢を与えれば与えるほどメーカーや顧客の苦労を多くしてしまう。「決断をさせたい術・・・オプションが少なければ少ないほど収入が増える」とは、顧客がしなければならない、あるいはすることが出来る意思決定の数を最小にすること。

購入オプションは1つか2つにする。(ex. basic or premium)

・お金をたくさん使う人ほど不平が少ない。大きな利益をもたらしてくれて、かつ手間がかからない。上客。

■ 私見
「忙しい」、「時間が無い」という言葉は仕事の能力のキャパシティを超えていることであり、言い訳に過ぎない。言ってはならない言葉の1つと考える。「私は仕事が出来ない人です」、と公言しているのと同じである。この書籍は、優先順位をつけてタスクにのぞむのは勿論のこと、割の合わない@単価の低い仕事を切り捨てて、高単価の仕事に焦点を絞ることを例示している。タイムマネジメントのセミナーや書籍が乱立するこのご時世、効率化して早くタスクを終えて余った時間でいったい何をするのであろう。恐らく、同じように単価の低い仕事を受けてまた時間が無くなってしまう、という元の木阿弥状態に陥るケースが後を絶たないだろう。

我々TDA株式会社のメンバーは、与えられた課題を可能な限り経済的なやり方でやり遂げる「働き者」でも無い。
大衆受けするようなモノの迎合する多数派でも無い。
「顧客が常に正しいとは限らない。」ということも知っている。
「わくわくすることは幸せの実質的な同義語」ということを知っている。
我々のそのポリシーに同調、共鳴していただけるようなクライアントに対して、誠心誠意を持ったアドバイザーになれるようにと願っている。

大前研一 戦略論―戦略コンセプトの原点

クライアントの要望を御用聞きの様に総合的にアドバイスするTDA株式会社

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務、心理学等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

<アライアンスの定義>・・・
国家が昔から知っていたことを企業はやっと今になって学び始めた。
それは危険な敵でいっぱいの複雑で先の読めない世界では一人では進まない方が賢明だということ。
広い戦線をカバーしなくてはならない大国の伝統的な戦略行動は自国の利害と一致する国々と共通の大義を打ち立てること。
そうすることを恥じる必要性は全く無い。
国家間のアライアンス(同盟条約)を結ぶことは有能な外交戦略家であれば打ち手のひとつとして必ず持っていなければならない選択肢。
今日の競合環境では企業経営者にもこのことが当てはまる。

つまり、、、
・全ての客に最高水準の価値を全て独力で常に提供できる企業はほとんど無い。

・アライアンスは、物事を簡便にしてくれるツールでは無い。

・パートナー同士が協力し合い、お互いの固定費に対する限界利益を最大化できる。

・アライアンスは、緩やかに進化していく関係。

・成功に導くには双方が時間をかけて勤勉に努力しなければならない。

<コラボレーションを成功に導くための「掟」>・・・

・お互いの尊敬と信頼が必須条件。もし交渉相手が信用出来なければ交渉を打ち切れ。

・協力関係を続けるうちに経営環境や市場が変化することを認識せよ。そしてパートナーの抱える問題を認識し柔軟に対応せよ。

・パートナーと仕事の場だけで無く社交の場で親しく付き合え。友人と不和になるのは時間がかかるものだ。

・パートナー双方が協力関係から何か(最終的にはお金)を得なくてはならない。相互利益が決定的要件である。

・何かが達成できたらともに祝おう。喜びは分かち合うべきだしあなた方が勝ち取ったものだから。

■ 私見
TDA株式会社は、デザイナー、ウェブデザイナー、経営コンサルタント、司法書士、社会保険労務士、税理士等々スペシャリストの集団をオーガナイズする会社。これらスペシャリストの「アライアンス」を通じて、クライアントの様々な要望をまるで御用聞きの様に総合的にアドバイスするコンサルティング会社。クライアントが安心して何でもアウトソースや相談が出来る様な会社。そのために確固たる強力なアライアンス体制をとってまいりたいと考えます。

ゼロ

TDA株式会社のアウトソース事業は、経営者の使える命を増やすためにある

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務、心理学等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・「自信」を形成するための「経験」
→ 自信のあるなしは経験の問題。仕事が嫌いだと思っている人はただの経験不足。

・チャンスに飛びつく力
→ 人としてのノリの良さ。(ex.フットワークの軽さ、リスクを承知で飛び込む小さな勇気)

・我慢と引換に受け取る対価 = fee ×
自らからの労働をお金に換えているのではなく、そこに費やす時間をお金に換えている。
→ 時間以外のリソースを持たない人は淘汰される

・考える・・・物事をシンプルにしていく行為。
 悩む・・・物事を複雑にしていく行為。ネガティブなことを考える人はヒマ。

・時間とは命そのもの。
タイムイズマネー ×
タイムイズライフ ○

・情報を得ること → 未来を知ること

・ファクト(事実)、ロジックだけ ×・・・「人間」を理解し受け入れてもらわなければならない。

・自由とは心の問題・・・不自由さを感じているとしたら、時代や環境のせいではなく思考が停止しているだけ。

■ 私見
著者の堀江貴文氏は、過去の失敗談としてファクト(事実)、ロジックだけを突き詰めていけば誰もが分かってくれると勘違いしていたことを挙げている。自分という人間性や人間味を出さずに理詰めで押し通してしまったことに反省を述べている。
時間とは命そのもの、という。仕事とは、人がその仕事に費やす時間(= 命)とお金を交換する契約であるという。限られた命、時間を労働時間にあてるということだとすれば、なんと貴いことか。

TDA株式会社は企業の業務のアウトソース(外注)を行っております。企業がTDA株式会社に外注することで、人件費や固定費のコストが下がり、そして、忙殺された時間から解放され、今までやりたくても出来なかったことが、出来るようサポートをおります。これは時間ビジネスでもあるとお考えください。経営者の大切な時間を確保するために時間を買うというマインドです。アウトソースとは、経営者の使える命を増やすためにあるとお考えください。