『芸術家とデザイナー』

TDA株式会社は、ビジネス全般をデザインするプロフェッショナルが集う会社

■ 読書備忘録(企業経営、ビジネススキル、デザイン等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

■ デザイナーとは、、
・世間によく知られ、広く消費される製品を最良の方法で作ろうと努める者。
・どんな様式も持たない。
・大衆からすぐに理解されるように気を配らなければならない。
・ビジュアル、メッセージは誤って解決される隙を与えず、直ちに受け止められ理解されなければならない。

■ 芸術家とは?
・芸術家がデザイナーの仕事をしようとすると必ず主観的な方法で行い、自身の「芸術性」を誇示しようとする。
・製品に自分の信念が息づき、他の人に伝わることを望む。
・大衆からの理解などということについては気が回らない。

つまり、芸術家の夢は美術館にたどり着くことであり、デザイナーの夢は市内のスーパーにたどり着くこと、である。

■ 私見
TDA株式会社は、ビジネス全般をデザインするプロフェッショナルが集う会社。必要とあらば、そのケースで必要とされるアウトソーサーとプロジェクトチームを組成し、クライアントのビジネスをデザインする。その際、決して自己満足で終わるような、限りある少ない人から賞賛を受けるような芸術家になってはいけない。消費者皆に認知されるため、商品が売れるため、のデザインを完成させなくてはならない。

勝者の代償 ニューエコノミーの深淵と未来

勝つために支払わなければいけない代償は何か?その代償とは「全力疾走」

■ 読書備忘録(企業経営、ビジネススキル等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・「ニューエコノミーにおいては偏執狂のみが生き残る。」(アンドリュー・グローブ)

・勝つために支払わなければいけない代償は何か?その代償とは「全力疾走」ということ。他の誰よりも速く、そしてその全力疾走には最終ゴールが無い。それを成し遂げたといえるようなポイントは決して無い。

・ほとんどの組織は提携関係とネットワークへとフラット化されているので、巨大組織の出世階段を昇進することは無い。ニューエコノミーにおいてはまずます自分で自分を昇進させるしかなくなっている。

・機械化が進み、より忙しくなった世界の中で、本質的な贅沢とは、自分のために他の人間がその時間を惜しみなく使ってくれる、ということ。(ex. ソムリエ、ホテルのコンシェルジュ)

・経済の創造的部門(デザイン、コンセプト、プラン、戦略、取引、洞察力)を売ったり、経済部門に適した才能、教育、人脈を持たない人々は、個人的な気配りを売っていくことになる公算が大きい。個人的な気配りは、機械化できない、社会的に高く評価されていない、労働供給が豊富で。伝統的に女性の仕事と見なされてきた。(ex. 保育者、個人トレーナー)

・経済的不安定性、所得と富の格差の拡大、効率的な選別システムが、結果的に個人・家族・コミュニティーの生活をむしばんでいる。

・個人は、消費者でありかつ生産者であり、消費者としてより豊かで便利になればなるほど、生産者・労働者として、より不安定になる。

■ 私見
時間が無い、時間がどんどん減っていく、時間に追われている、という恐れは、自分の能力は勿論のこと、「時代」がスピードに乗り過ぎてどんどん加速度を増しているからなのかもしれない。人間の能力には限りがある。ひたすらに全力疾走しなければ時代についていけないとなると末恐ろしくも感じる。しかも(消費者として)便利になればなるほど豊かになればなるほど、(生産者、労働者として)さらに便利にさらに豊かになってもらうために、さらにあくせく働かなければならなくなるということだ。

『第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい』マルコム・グラッドウェル

情報過多が判断の邪魔をする

■ 読書備忘録(企業経営、ビジネススキル等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・革新的な商品は市場踏査に馴染まない。

・論理的思考が洞察力を損なう。

・情報過多が判断の邪魔をする。

・無意識の選択は説明できない。

■ 私見
人は直観、直感、ひらめきが決め手となって、正しい判断や行動を行うことが出来る、とされる書籍。反対に、例としてプロフェッショナルの直感、直観は非常にリスキーだいう書籍もあるので(後日、当BLOGにて紹介する)全てを鵜呑みにせず参考程度にするのが良いだろう。論理的、情緒的、直感的とは、自分で十分に意識して訓練して行えるしろものではなさそうだ。

トルネード キャズムを越え、「超成長」を手に入れるマーケティング戦略

どうしてライバル打倒が顧客に奉仕するという目的より優先されてしまうのか?

■ 読書備忘録(企業経営、ビジネススキル等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・同一のマーケットでもセグメントによってライフサイクルが違う場合がある。

・ユーザーが活用してくれないのであれば、機能の存在価値は無い。

・お客様本位(といいながら)ライバルを倒すことばかり考えて行動してしまう。顧客にどれだけ役立つか(より)、他社に比べていかに優れているかを中心にする。ターゲット顧客にニーズ(より)、ライバル企業の現行製品を意識して新製品を開発する。ターゲット顧客の要望に合わせてパートナーを選ぶ(のではなく)よそに奪われてなるものかとばかりめぼしい相手に提携を申し出る。

その結果、私達は顧客よりも競合他社について詳しい。なぜこれほど自滅的にふるまってしまうのか?一体どうしてライバルの打倒が顧客に奉仕するという目的より優先されてしまうのか?

原因は「負けるのが怖い」から。恐怖心がエスカレートして他の目的全てを上回り、やがて「競争心過剰」の状態に陥る。「競争心過剰」は企業を脱線させる慎むべきもの。

・従来のシステムに不満を抱えているエンドユーザーのグループの現場責任者(製品を導入した時の損得勘定を直に判断する)、エコノミックバイヤーへの交渉の手順。
①あなたの画期的な製品を使うとこれまで頭痛の種だった問題点を解消出来、無駄なコストを抑えられると長所を説明。
②その問題点が現行のインフラのパラダイムに根ざしているという事実を指摘して先方の関心を引く。
③あなたの新しいパラダイムなら、エンドユーザーの業務の流れを効率化して問題点の元凶を取り除き、すぐにでも事態を改善させられる、とたたみかける。
④先方の業務の必要条件を十分に検討したところを強調し、問題点を魔法のように解消する中核的な製品ばかりかホールプロダクトまで用意してある、と伝える。
⑤このホールプロダクトの特徴をあますところなく系統だてて紹介し、先方のビジネスを深く理解していることを実証してみせて実利主義者の抵抗感を取り除く。

■ 私見
ユーザーがほとんど使わない機械のボタンやスイッチや機能は、排除すべしと説いている。開発目線ではあれこれ機能的な進歩をした技術付加することを考えがちなのであろうが(バージョンアップした同様の製品を購入してもらうためにも)。
確かに競合他社(ライバル企業)の動向、商品ばかりに目を向け、他社との「競争」に明け暮れている姿は、顧客からしてみれば、蚊帳の外のようである。恋愛に例えるならば、大切にすべき・見るべき相手は恋敵(ライバル)では決して無く、愛する人そのもののはずである。愛すべき顧客の要望・希望・欲求を叶えてあげるべく、企業は考えて行動に移すべきである。

偶然のチカラ (集英社新書 412C)

不確実な未来を恐れず前進するために、TDA株式会社を

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務、心理学等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・人は果たしてchoiceが正しかったかどうかを決して自分で確かめることはできない。

・不幸は選択ミスから起こる。
→ 選択しなければ良い。
→ A or B ではなく「あれもこれも」となるべく選択しないで済ますこと。

・いかなるときも、好ましい流れは自分から放棄しては ×。
「いい流れには黙って従う」
(自分が運命を引っ張るのではなく、運命が自分を導いてくれるようにさりげなく振る舞うことが肝心)

・人生の座礁軸は、
幸運5%、
普通90%(つつがなくの意、本来は感謝すべき軸)
不幸5%(クローズアップしてしまうことは×)

■ 私見
人生やビジネスは選択(choice)の連続である。選択でしかない。選択した内容が人生では幸福なのか無難なのか不幸なのか(ビジネスでは成功なのかとんとんなのか失敗なのか)は選択した後でしか分からない。よって、座標軸として9割無難(ビジネスではとんとん)ならそれで良しとし、好ましい流れがあればそれに寄り添うと筆者は説いている。流れとかいうものは自分で変えられるものでは無い。ビジネスも一過性であるトレンドや大きな流れ(時流)に任せ、抗うことなく進めていくことがラク、かつしごく自然なことなのかもしれない。

ビジネスで何かの選択(choice)に迫られて悩んだら、我々TDA株式会社に選択の後押しをしてもらうのも「選択の1つ」だ。
悩むことは枠や視野がどうしてもこのときは狭くなっている。2択しかないと経営者は考えているかもしれない。しかし、実はそれは2択なのではなくて実は4択まであるのかもしれない。そういうケースは見受けられる。選択は、結局決めるのは経営者自身である。が、しかし、肩の荷を下ろしてあげたり、肩をポンと叩いてあげて迷わず前へ進んでいってもらう。これはアドバイザーとしての重要な役割だと考えている。心配事や悩み事を解消させることがアドバイザーの重要な業務。不確実な未来を恐れず前進するために、TDA株式会社を活用していだだければ、と考える。