CI14-ci-BB

アナログ側面から見るデザイン思考

「デザイン思考」の超アナログな一面を紹介しよう。

「デザイン思考」と聴こえはいいが環境的要素が非常に大きい。

これは、僕達を取り巻く

  • 動物
  • 場所
  • ノイズ or さえずり

などだ。

あらゆる「いままでの価値観」とは180度(理想は160度)回転させた環境に身を置いてみるから

自然に滲み出してくるような…

  • 見たこともなかった自分
  • 発せられなかったような言葉

まったく環境が異って、カメレオンのように180度価値観を変えた自分(つまり、宇宙人)は最初はコミュニティにおいて「対立する」という自然の摂理を飛び越え、宇宙人は触媒となり、新しい化学反応が起こる。

ここで、価値観を変えた場合、実力を疑問視しがちだが、そんなに真剣に考えなくても良い。今までそれなりに実直にやってこられたなら、少々のハッタリでこれまで培った実力はほぼ99%異業種にスライドできる。

あと「人はだれもそれほど期待していない」ということだ。

ただし・・・

この反応は「完全に我欲を捨てたモノだけが発することができる」と断言できる。

僕は「奉仕」「ボランティア」などという精神が嫌いだ。

サービスの提供と需要の間には必ず「貨幣価値」を入れないと意味が無い。
経済は動かない。

だって、本気になれないから…。両方がね。

本気になれないなら・・・つまり、なにも生み出さない…

要は、端的に言ってしまうと

デザイン思考
=生金(いきがね)の使い方をよく理解した思考回路

そんな雰囲気で言い換えられる。
お金はいろんなモノを計ることの出来る絶好の「価値」。
デザイン思考をよく理解した人は、この生金の使い方が実に上手い。

もっと端的にいうと、借金してでもどれだけ従業員や絡んでいる人達に振る舞えるか・・・

これに尽きるだろう。

業界初の試みに、最初から自分の利益を考えて、残りを「新しい試みだから、これくらい!」といった保身で、裏では我欲が入り混じり、結構潤っておきながら、従業員達には無難なお金、もしくは寸志程度しか渡せない人は何も変えられないし、破綻は見えている。

業界初の試みなら、じゃあ、キャッシュでどれだけ「業界初だからこれだけいったよ!」と従業員が想像する報酬×3倍をハッタリ混じり渡すことによって、その事業はカリスマ性を帯びる。その生金は10倍、100倍になって近いうちに必ず跳ね返ってくる。

想像を超えた現象を人は誰かに伝えたくなる。

バイラルマーケティングは自然に発動する。
「口コミを起こすには?」なんてレベルの低い話じゃない。

これが「人間関係をデザインする」ということだろう。

雑誌のタイアップや、協賛、異業種とのアライアンス、コラボレーション(古すぎる・・・この言葉)

自分自身ででチャンネルを創造できないなら止めたほうがいい。

それでも続けたいならやってみたらいい。
我欲にまみれた人間が寄って集って、自分のそれを吸い尽くしていくだろう。

なぜ、こんなに断言できるのか・・・

それは、僕自身が全て経験したからです。

「デザイン思考」
本質は「生金の使い方の考察」から始まる:D

 

A02L8087

メディア既得権益層の情報操作を上手くパクる

世捨て人感覚で著名人のマーケティング活動を観察すると

  • 独自メディアの構築
  • カリスマを纏う術

これを心得た人が結局うまくいく。その他大勢99.9%の人はそれに騙され、踊らされて、結局何も生み出さず、進まず、その方向に動き出す。

人間の一番無防備な部分を巧みに近寄ってくる。
騙されるのか本当なのかも分からない…。

「今年はこうなる!20XX年!」
そんな番組、コラム、書籍、講演が夏を超えると多くなる。

結論を言うと、そういう世の中の方向を決める(ここではメディアの既得権益層)が、自分たちが都合のいいように世間を統治する。見事大衆を操る鍵を手中に収めた人も、誰から吹きこまれたか分からない使命感に駆られてその方向に動き出すわけだ。

実は全く誰も期待していない情報(ノイズ)が流れて来て、同じような価値観が2,3度耳入って来れば、大衆は皆その方向に動き出す。それが良かろうが悪かろうが全く関係ない。プロパガンダを組み立てる術をいち早く実行した者勝ち。

  • 正しいかどうなのかなんて全く関係ない。
  • メディア既得権益層の都合のいいように蟻は死ぬまで統治される。

その昔、ヒトラーも側近によって精神病、果ては狂気に走ったという説もある。

実は実験台だったのだ。

良い所は良いトコロで真似しよう。

ポイントは何時でも「メディア選びと発信する適切なメッセージ選び」だ!

factorial_rec

リカーシブな自分経営

題してみたがその前に

月並みな表現で大変申し訳ない。

失敗は成功への階段

とは言われてもね・・・。

なら、信ぴょう性が全くないこの言葉を起き抜けに数値化してみた。

本人の心が感じてしまう初回の失敗する確率:95%
*2回目以降、経験と環境順応、学習で5%ずつ下がっていくとして…

95% × 90% × 85% × 80% × 75%

=43.6%

失敗が心理的に及ぼすネガティブキャンペーンは大きい。
だから、皆すぐに諦めてしまう。実力がないんだ・・・。違う。回数が足りないんだ!
反面、成功は「運」を味方にして、実力だとは感じない。

5回を経て43%(6割成功4割失敗)の場合だと、恐らく「自分には向いていないんだ」と感じてしまうだろう。

5回くらいの試みでは足りないんだ。

同じ事をあと5回試してみる。

95% × 90% × 85% × 80% × 75%
× 70% × 65% × 60% × 55% × 50%

=3.27%

これを見よ。
ほぼ失敗しない・・・ように学習し、その頃には都合のいい「運」に期待しなくなる。
これは100%本人の努力の賜物だ。

失敗は成功への階段 = 失敗は成功の鍵

あとは、いかに失敗に楽しみ、不毛な努力だと思えないような要素を吹き込むかにかかってくる。
そうすれば、上手くいくことが普通になる。普通になると、都合よく使っていた「運」が本物になる。

プログラミングの世界は実に世界の本質を捉えている場合が多い。

才能と努力

努力は才能を上回る

そう教えられたし、親もそう言った。
しかしながら、そうとしか言えない現実もあるんだなとは、早い段階から分かっていた。

いかなる努力も才能を上回ることは出来ない

才能は家庭環境と引き継いだDNAレベルの後からどうしょうも変更きかない要因で決まる。

キーポイントは

感受性

にありそうだ。

島田紳助のNSC講義
普通にこのレベルの話がデキる。これはもう神レベルだと痛感!
特別紳助が好きなわけじゃなく、どちらかというと嫌いだったが・・・

 

shimada from AKSlab on Vimeo.

web

厳選したソーシャルミックス

ソーシャルメディアも一通り流布・淘汰され、そこそこにつかえる(*というか競合と比べて資本力が勝った)ソーシャルが整った昨今、これらを融合させたホントの意味でクロスソーシャルの時代が到来だ。

自社HPでせこせこ金かけて、作りこんでいる割にはそこからの集客がなかなか見込めない。飛び級のSEOくらいやらないと、ふつーにSEOやってい るだけではほゞ意味なし、金のかかるポータルに掲載させてもそれが「普通」。結果を担保しない、というかそれ以前の問題、、、実力のない広告代理店に経営資源を吸い上げられるのはだけはもう止めにしてほしい。

と、個人的に思う。 検索連動型広告も、やっぱりうっとうしい。
鬱陶しく見込み客に映らないためには如何すればいいのか・・・一番の難問だろう。

クロスソーシャルで、ソーシャル多方面から、少なめの情報量で囲い込む。マ
スは大きくても荒っぽくすくい取るだけじゃ、体力がなくなるだけだ。

いま一押しといえば

* ×

(クロスソーシャル + 動画マーケティング)
× クリック課金型広告

従来の「とりあえずホームページ立ち上げてポータルに広告」的なノリと比べると予算を7割くらい削減できる反面、効果は上々だ。(*必ず効果があるとは、無責任なので言わない。)すでに、自社HPを持っていて、ある程度運用している(*たとえば4,5年)とかならひじょーに効果が高い。閲覧数は基本問わない。