factorial_rec

リカーシブな自分経営

題してみたがその前に

月並みな表現で大変申し訳ない。

失敗は成功への階段

とは言われてもね・・・。

なら、信ぴょう性が全くないこの言葉を起き抜けに数値化してみた。

本人の心が感じてしまう初回の失敗する確率:95%
*2回目以降、経験と環境順応、学習で5%ずつ下がっていくとして…

95% × 90% × 85% × 80% × 75%

=43.6%

失敗が心理的に及ぼすネガティブキャンペーンは大きい。
だから、皆すぐに諦めてしまう。実力がないんだ・・・。違う。回数が足りないんだ!
反面、成功は「運」を味方にして、実力だとは感じない。

5回を経て43%(6割成功4割失敗)の場合だと、恐らく「自分には向いていないんだ」と感じてしまうだろう。

5回くらいの試みでは足りないんだ。

同じ事をあと5回試してみる。

95% × 90% × 85% × 80% × 75%
× 70% × 65% × 60% × 55% × 50%

=3.27%

これを見よ。
ほぼ失敗しない・・・ように学習し、その頃には都合のいい「運」に期待しなくなる。
これは100%本人の努力の賜物だ。

失敗は成功への階段 = 失敗は成功の鍵

あとは、いかに失敗に楽しみ、不毛な努力だと思えないような要素を吹き込むかにかかってくる。
そうすれば、上手くいくことが普通になる。普通になると、都合よく使っていた「運」が本物になる。

プログラミングの世界は実に世界の本質を捉えている場合が多い。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>