10670173_636558873128332_2941909631619389312_n

株主総会議事録について

(株主総会議事録)
第〇条 株主総会の議事録については、法令に定める事項を記載した議事録を作成し、議長及び出席取締役が署名又は記名押印して10年間当会社の本店に備え置くものとする。
株主総会議事録は単なる議事の記録等であることから、議長及び議事録作成者並びに出席した役員の氏名等を記載することは求められるが、署名又は記名押印の義務は特に定められていません。
しかし議事録の真正担保や登記手続きの観点から考えて、実務においては議長及び出席した取締役の記名押印を求めるのが通常です。

なお、代表取締役を株主総会で選定した場合の代表取締役変更登記手続きにおいては、議長及び出席取締役が記名押印した株主総会の議事録の印鑑について、市区町村長の作成した印鑑証明書の添付が必要になりますが、これは登記の真正担保の話になります。
参考文献:中小企業のための戦略的定款(発行:民亊法務研究会)

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>