10670173_636558873128332_2941909631619389312_n

属人的株式について

属人的株式について注目すべき点は、登記簿に記載されないことです。
その為、取引先や金融機関など会社外部のステークホルダーが属人的株式の存在を確認するためには、その会社の定款を確認する必要があります。場合によっては、その導入の理由などを確認するために株主総会議事録まで確認することも考えられます。
会社にとっては、今までにも増して、形式的・書面上だけではない実質的な株主総会を開催して、争いの種にならないよう十分な手続きを踏み、ステークホルダーに配慮した会社運営が必要になってきます。

会社のとっては手続きが複雑で極めてハードルが高いと言わざるを得ませんね。
その高いハードルを乗り越えれば、新たな未来が開けている、とも言えそうですが。
参考文献:中小企業のための戦略的定款(発行:民亊法務研究会)

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>