競業避止義務について

「一定の者が、自己または第三者のために、その地位を私的に利用して、営業者の営業と競争的な性質の取引をしてはならない義務」のことを競業避止義務といいます。

たとえば、会社を辞めた従業員が、競合他社に就職したり、あるいは自社と競合する事業を自ら開始した場合などは、この競業避止義務に触れるおそれがあります。

競業避止義務については、包括的に就業規則で規定を設けることもあれば、個別に誓約書で規定を設けることもできます。

従業員の退職後について競業避止義務を課すことについては、職業選択の自由を侵害し得ること等から制限的に解されているため、就業規則であれ、個別の誓約書であれ、競業避止義務を課そうとする場合には十分に注意してください。。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>