『売れるブランドのつくり方』石澤昭彦

エモーショナルな価値がブランドをつくる

著者 : 石澤昭彦
阪急コミュニケーションズ
発売日 : 2004-09-16

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務、心理学等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・エモーショナル(感情的)な価値がブランドをつくる(企業の人格も含む)

・夢 × スタイル = ブランドの風景。ブランドの風景とは「世界観」
夢・・・企業、商品の存在意義の幹、目的意識。ありたい姿。志し。
スタイル・・・「おもてなしの心」、どう感じてもらいたいか?トーン、マナー、開発思想、販売方法
世界観・・・ブランドの本質的価値を顧客と共有するため、それを見た人の心の中にどんな感情を呼び起こしたいか?

・ブランドプロミス
① vision・・・企業としての夢。どんな世界にしたいか?
② mission・・・そのために何をするか?
③ personality・・・それを達成するためにどんな人格がいいのか?
④ core value・・・元々持っている強みは何か?

・ブランディングターゲットは、年齢・性別ではなく、ライフスタイルや価値観で決める。そのブランドの風景、「世界観」で生活する住人をターゲットに。

■ 私見
昔流行ったエモーショナルマーケティング。消費者の心情や感情に訴えて販促する。今でも通用することは多い。ブランドはその消費者の心の中にあって目に見えない。消費者心理を念頭に置いて、じゃあ、どんなブランドにしたいの?と。夢やスタイル無しでブランドを呼び起こさせることは出来ないということ。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>