くらた まなぶ

いい商品を作るためには商品のことを考えてはならない

■ 読書備忘録(ビジネススキル、税務、心理学等に関する書籍の読書備忘録。キーエッセンスのみを引用。参考になれば幸い。)

・いい商品を作るためには商品のことを考えてはならない。
商品のことから考えをスタートしてしまうと結果として顧客にとっていい商品にはならなくなってしまう。

・自分の商品について知らなければならないのは、商品や自分自身の前に、相手のこと。
顧客。消費者。需要サイド。

■ 私見
顧客ニーズを掴む
カスタマー・インティマシー
顧客志向マーケティング
等々は全て、上記文言通り、顧客・消費者・需要サイドの目線でビジネスをやりましょう、の意味。
これが単純明快の様で、非常に難しい。

供給者(である企業)が、需要者へと立場を変えて(需要者の気持ちや行動を察して)、商品設計販促等を行うことはそう簡単にはいかない。どうしても供給サイドで、供給者自身が自分のことだから一番わかっていると思い、一番いい商品を作ったんだから売れるハズ、という目線をしてしまいがちである。よくよく留意しなければならない。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>