割増賃金の計算の端数処理について

本日、複数の顧客から立て続けに同じ質問を受けましたので、割増賃金の計算の端数処理について書いておきます。

労働者を働かせた場合、基本的には、それが例え一分一秒であっても賃金を全額支払わなければなりません。しかし、次の1.〜3.の方法については、『常に労働者の不利になるものではなく、事務簡便を目的としたものと認められるから、法第24条及び第30条違反としては取り扱わない。』(昭63.3.14 基発150号)とされています。ちなみに、ここでいう「法」とは労働基準法です。

1.1か月における時間外労働、休日労働及び深夜業の各々の時間数の合計に1時間未満の端数がある場合に、30分未満の端数を切り捨て、それ以上を1時間に切り上げること。

2.1時間あたりの賃金額及び割増賃金額に円未満の端数が生じた場合、円未満の端数が生じた場合、50銭未満の端数を切り捨て、それ以上を1円に切り上げること。

3.1か月における時間外労働、休日労働、深夜労働の各々の割増賃金の総額に1円未満の端数が生じた場合、2.と同様に処理すること。

この3つの場合以外の端数処理は認められていません。たとえば、「(1か月ではなく)1日単位で30分未満の端数を切り捨て」たり、「30分未満の端数は切り捨てるが、30分以上は1分単位で割増賃金を計算する」などの方法は、認められておりませんので、ご注意ください。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>