【002】社会とは ~ソサイエティとコミュニティ~(3)

相手が傷ついたり、拒否したりしていることを、強引に「自分ルール」で勝手によしとしてしまうことは許されません

新聞・TVなどのメディアが公権力への批判を行うことと同じスタンスで、誰にでも臨んではいけない、ということです。

 

一切批判するな、というつもりは毛頭ありませんが、批判したり評価したりするなら、せめて一旦同じ土俵に立ってから、思考を明確かつ適切に行うことで、建設的な議論としてくれ、という考え方です。

 

繰り返すようですが、これに同意できないのであれば、読むのは無駄ですから、私の記事など読まないで下さい

 

ROMっていただくのは勝手ですが、それはあなたの人生の貴重な時間を無駄にするだけです。

合わない意見を読んで憤慨し、平行線を辿って噛み合わない非建設的な議論で無駄な時間を浪費するよりは、自分で考えて、自らなりの思考体系を構築する方が人生の貴重な時間を有効に活用できます。

 

以上について、一切の反論を受け付けるつもりはございません

 

この点について反論するくらいなら、読むこと自体が無駄であるから、私の記事など読まなければ良いのです。

 

今後の記事においても、皆様から意見や感想、疑問、反論などを伝えたいと考える場合には、まずはこの前提に立ち、その上で建設的な議論ができることを望んでいます。

 

当方のブログ記事に対するスタンスは以上です。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>