【002】社会とは ~ソサイエティとコミュニティ~(2)

無論、意見や感想、疑問、反論などを「表明せず、自分の中にしまっておく」のであれば、それはどのように感じ、思い、考えてもよいことですし、言葉の定義も私の提示するものに沿う必要などなく、自らの言葉の定義にだけ沿って考えても何ら問題はありません。

私が口を挿む話でもないでしょう。

 

しかし、それを第三者に公表する場合には話が違います。

当ブログのコメント欄に自分の意見を書く場合はもちろん、それが読者自身の持つメディア(ブログやSNSなど)に引用して記載する場合であっても同様です。

 

インターネットは「ネットワーク」ですから、接続できる人にとっては、どこからでも誰でも見ることができるものです。

 

そこでの公表は、自らのメディアであるから自在に記述することが許される、というものではありません

自らが新聞・TV並みのメディアと同じことが可能になったのですから、好き勝手というのではなく、一定のルールに従う必要がある、ということです。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>