【001】コミュニケーションとは(6)

では、コミュニケーションの不成立とはどういうものなのか?

 

彼 『結婚しよう!』 ⇒ 彼女 『え?何か言った?』

これはコミュニケーションが不成立なのは明らかであるが、それ以前に伝達そのものが不成立の場合である。

つまり、伝達が不成立ならば、相互の伝達を要するコミュニケーションは当然に不成立である。

 

彼 『結婚しよう!』 ⇒ 彼女 『あのスマホ、新作が出るらしいよ?』

(彼女が意図的にこの返答をするパターンも考えられるが、今回は心理学的な所見や交際術のような見地については、一旦横に置いておく。この件は、別の機会に触れても良いかもしれないが...)

発信者のメッセージとしては自分との結婚に対する可否を返答として期待していることが解るが、それに対して受信者からのリアクションは可/否のいずれでもなく、全く別の話題に関するメッセージが発信者に伝達されたということが解る。

彼のメッセージに即したリアクションが返報されず、全く別の話題を振られているのであるから、これはコミュニケーションが不成立であると言える。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>